Sports Graphic NumberBACK NUMBER

《ラリージャパンにも参戦!》「先駆者として僕は攻める」日本人唯一のWRCドライバー勝田貴元の挑戦 

text by

古賀敬介

古賀敬介Keisuke Koga

PROFILE

photograph byTOYOTA MOTOR CORPORATION

posted2022/11/04 10:00

《ラリージャパンにも参戦!》「先駆者として僕は攻める」日本人唯一のWRCドライバー勝田貴元の挑戦<Number Web> photograph by TOYOTA MOTOR CORPORATION

今季からはハイブリッドシステムを搭載する「GR YARIS Rally1 HYBRID」で戦う勝田貴元

自分にはラリーは向いていない……

 ラリーは、レースと違いコ・ドライバーと二人ひと組で戦う。彼らは本番前にステージを低い速度で下見走行し、コーナーや路面の状態を詳細にペースノートに記す。コーナーのきつさや、凹凸だけでなく、イン側の草むらに大きな石や穴が隠れているといった情報もペースノートに書き込んでいく。その作業をレッキといい、ラリー本番ではコ・ドライバーが読み上げるペースノートの情報をもとに、ドライバーは頭の中でコースをイメージし、先が見えないコーナーにも全開で進入するのだ。自分の視覚情報にほぼ頼り切るレースとの最大の違いが、このペースノート走行であると言っても過言ではない。

「ずっとレースをやって来た自分にとっては最大の難関でしたし、経験を積み重ねた今でも日々改善を続けています。ドライビング、ペースノート、生活環境、そして言葉。フィンランドに渡って3年くらいは全てが本当に大変で、精神的にかなり辛い状態が続きました。何をやっても上手くいかないし、努力しても全く結果に結びつかない。ミスやクラッシュも多く『自分にはラリーは向いていないし、止めたほうがいいのかな』と思ったこともありました」

 ラリーは「経験のスポーツ」と言われる。様々な路面を走るため、レース以上に多くの技術の引き出しが求められるからだ。トップドライバーであっても成長過程では何度もクラッシュを経験し、そこから多くを学ぶ。レース出身でキャリアの浅い勝田が苦労したのは、当然である。

「大好きだったレースをやめてまでラリーに進んだので、レースに戻るという気は1ミリもなかったですし、ラリードライバーとして終わるときは、ドライバーとしてのキャリアを終えるという覚悟でした」

トップカテゴリーで感じたWRCの本当の厳しさ

 そんな勝田が、初めてラリーで大きな成功を手にしたのは2018年。トップカテゴリー直下のWRC2スウェーデン戦で、北欧の強豪との大接戦を制し初優勝したのだ。周囲の評価は一気に上がり、勝田自身も大きな手応えを感じた。さらに翌年もWRC2チリ戦で優勝したことで、WRCのトップカテゴリーに、当時のトヨタのワークスマシン「ヤリスWRC」で出場するチャンスを掴んだ。フィンランドに渡り、ラリーを本格的に始めて5年目の快挙だった。

「最上位クラスに上がってみて、改めてWRCトップドライバーたちのレベルの高さを実感しました。WRC2では、相手を見ながら戦うようなこともできましたが、WRCで表彰台を争うためには、全てのコーナーを全開で攻めきらないと勝負にならない。ドライビングも、ペースノートも、精神面もさらに上げていかなければ通用しない厳しい世界だと思い知りました」

【次ページ】 初の表彰台で勝田が後悔していたこと

BACK 1 2 3 4 NEXT

ページトップ