Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[新四段インタビュー]藤本渚「微熱少年の誓い」

posted2022/10/07 07:01

 
[新四段インタビュー]藤本渚「微熱少年の誓い」<Number Web> photograph by Ai Hirano

text by

北野新太

北野新太Arata Kitano

PROFILE

photograph by

Ai Hirano

6歳の誕生日に盤駒を贈られた少年は、瞬く間に才能を開花させ、「天才」と呼ばれた。自信を打ち砕かれた日もあった。それでも将棋と向き合った。現役最年少棋士が語る決意。

 響きと文字の美しい名前は母が付けてくれた。

「僕……海の日に生まれたんです。だから、海のように綺麗で広い心を持つようにって」

 17歳の現役最年少棋士、藤本渚は涼やかな顔で少しだけ口元を緩ませている。

 大阪市内の自宅から程近い長居公園。週末を楽しむ人々が遊歩道を行き交っている。生まれて初めて雑誌の撮影に臨んだ場所は、通っている大阪学芸高校の目の前でもある。

「友達に見つかったりしないかな……」

 発見されたらピースサインでも返せばいい気もするけれど、被写体の主人公はドキドキした様子で辺りを見渡している。

 砂浜に落ちていた貝殻をさらう波のように、時の必然に任せて四段になった。

 9月10日。棋士養成機関「奨励会」三段リーグ最終日。半年間、たった2つの昇段枠を41人の三段が争った日々も残り2戦だった。昇段の目を残す6人に藤本の名前もあったが、条件は他力。自分が連勝しても、誰かに運命を委ねるしかない。

 東京の宿で過ごす一人きりの前夜。気負はなく、震えたりもしなかった。

「もともと自分に自信がないですから。自分は強くないんです。競争相手だった皆さんの中でいちばん弱いんですよ。研究会でボコボコにされたりしてるので……」

 午前中の17戦目は序盤で形勢を損ねたが、抜け出して勝利。12勝5敗とした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2868文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

藤本渚
藤井聡太

ゲームの前後の記事

ページトップ