Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ロングインタビュー]羽生善治「来るべき、小さな光」

posted2022/10/07 07:04

 
[ロングインタビュー]羽生善治「来るべき、小さな光」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

text by

高川武将

高川武将Takeyuki Takagawa

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

昨年度は棋士人生37年目にして初めての負け越し。ところが、今年度は前人未到の通算1500勝達成など、不振から脱却してあらためて健在ぶりを示している。52歳の衰えない探求心の源はどこにあるのか。自らの現状、AI時代における人間の可能性、そして藤井聡太について率直に語った。

 インタビューも中盤に差し掛かった頃、私は思い切って「勝負手」を指してみた。

――昨年沢山負け続けて得たものは何ですか。例えば、負けることの意味とは?

 すると、それまで快調に話していた羽生善治は一瞬表情を変え、「ああ……」と唸ってから、「いや、うーん、そうですね、何て言えばいいんでしょうね……」と考え始めた。どんな手を返してくるのか。羽生がこんな風に言葉を探すときは、決まって意表を突いた答えが返ってくるはずだった。

 羽生と向き合うのは4年と8カ月ぶりのことだった。初めて話を聞いたのは2010年10月、羽生が40歳になった直後のことで、それから9回のロングインタビューを行い各誌に寄稿してきた。

 その間、羽生は加齢による衰えを感じさせない活躍ぶりだった。'14年春に3度目の名人復位を果たし、43歳で四冠王となった。'17年冬には竜王を奪取し「永世竜王」の称号を得て「永世七冠」という空前絶後の大偉業を成し遂げた。'18年9月に上梓した拙著『超越の棋士 羽生善治との対話』(講談社)の中で、当時私はこう書いている。

《この人には「世代交代」という言葉はそぐわないのかもしれない。(略)現実にはそう遠くない将来、羽生のタイトルがゼロになる日が来るだろう(略)それも自然なことに思えてくるのだ》

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6678文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

羽生善治
藤井聡太

ゲームの前後の記事

ページトップ