バレーボールPRESSBACK NUMBER

あのロンドン五輪から10年、木村沙織はいま何してる? カフェでカヌレとスコーンを焼いている人、近所の公園で小学生姉妹と「パス50回やろうよ」―2022上半期 BEST5

posted2022/09/29 11:00

 
あのロンドン五輪から10年、木村沙織はいま何してる? カフェでカヌレとスコーンを焼いている人、近所の公園で小学生姉妹と「パス50回やろうよ」―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

現在は夫とともにカフェを営む木村沙織。現役時代とはまるで異なる生活だが、今を楽しんでいる

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年7月25日/肩書などはすべて当時)。

引き続き、元女子バレーボール日本代表・木村沙織さんのインタビューをご覧ください。#3は現在、夫と一緒に営むカフェで奮闘するお菓子づくりについて。仕事中に通った公園で偶然出会った姉妹とのエピソードも。全3回の3回目(#1#2へ)

 高校時代から日本代表選手として活躍し、現役引退の2017年まで4度の五輪にも出場。

 “バレーボール選手の木村沙織”だった頃は、朝も昼も、それこそ正月もクリスマスもなく、ひたすら練習に明け暮れた。

 現役引退から5年――。

 結婚、引退を経て、肩の力が抜けた今は大阪で夫と共にカフェを営み、ただただ穏やかで「地味な」日々を過ごしている。

「朝からカヌレとスコーンを焼き始めて、13時頃にお店へ納品する。ランチ時で混んでいたらお店を手伝いますけど、間に合いそうだったら足りないものを買い出しに行ったり、銀行へ入金に行ったり。家に帰ってからは次の日の仕込みもします。地味な生活ですよ。“木村沙織のカフェ”と言って下さる人もいますが、むしろ私は飾り付けみたいなもの。焼いたお菓子を入れるだけで、お店は旦那さんがメインで回しているんです」

お菓子づくり「最初はものすごく失敗した(笑)」

 現役時代からバレーボールとは交わらない「やってみたいこと」はいくつもあった。その1つがカフェ。19年に大阪でオープンした際は、カフェというよりカフェバーの趣が強く、夜にお酒を出して簡単な食事も出す程度だったが、新型コロナウイルスが蔓延し、緊急事態宣言が出されて営業停止も余儀なくされた。

 それならば、と思い切って夜から昼へシフトチェンジを果たすべく、近所のコーヒー店に先生役を依頼して夫がコーヒーの勉強をスタート。その間、木村は「コーヒーが出せるようになるなら焼き菓子をつくりたい」と、中学・高校の同級生で、かつて東レでも共にプレーし、現在はアイシングクッキーなど製菓の講師も務める森山美耶さんに習い、お菓子づくりを始めた。

 だが、バレーボールのように最初からうまくいくわけではない。きちんと材料の分量を量り、手順に沿ってつくるお菓子づくりに「最初はものすごく失敗した」と笑う。

「形もうまくいかない、焼き方もイマイチ。オーブンの温度とか、粉の配合、いろんな失敗を繰り返しました。せっかくつくるなら自分の好きな味、好きな感じにしたかったので、教えてもらったことだけでなく、いろいろな本を見たり、YouTubeでいろいろな情報を集めて。どうやったら自分が一番つくりやすくて、一番好きな味になるかを何回も何回も繰り返して、今に至った。製菓学校を出たわけでも、お菓子づくりのプロを目指してやってきたわけでもないので、こうやってバレー以外のことを聞かれて話すのは恥ずかしいですね(笑)」

 とはいえ、凝り性ぶりは変わらず、意外なところにバレーボールとお菓子づくりの共通点も感じている。

【次ページ】 基準は「好き」であるかどうか

1 2 3 NEXT
木村沙織
森山美耶

バレーボールの前後の記事

ページトップ