濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

村田vsゴロフキンで“号泣”したワケは…天野麻菜と人気グラドル・雪平莉左が語る「リングガールのプロ意識」《特別グラビアインタビュー》―2022上半期 BEST5

posted2022/09/26 17:00

 
村田vsゴロフキンで“号泣”したワケは…天野麻菜と人気グラドル・雪平莉左が語る「リングガールのプロ意識」《特別グラビアインタビュー》―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

村田vsゴロフキン「号泣リングガール」で話題の天野麻菜(左)と、「井上vsドネア2」で初の世界戦を担当する人気グラドルの雪平莉左(右)

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Atsushi Hashimoto

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ボクシング部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年6月5日/肩書などはすべて当時)。

 2022年は日本ボクシング史上最大級のドリームマッチが2試合も実現した年としてファンの記憶に長く残るだろう。4月9日のゲンナジー・ゴロフキンvs.村田諒太、そして6月7日に行なわれる井上尚弥vs.ノニト・ドネアのリマッチである。

 この2試合の共通点の一つは、リングガール(ラウンドガール)だ。どちらの試合も「FUJI BOXING」のリングガール、天野麻菜が担当。井上vs.ドネアは人気グラビアアイドル、雪平莉左とのコンビでリングに上がる。

リングガールになって初めて感じた「ボクシングの面白さ」

 天野は2018年、雪平は昨年からリングガールを務めている。

 2人とも、もともとボクシングに興味があったわけではない。「最初は“べつに私じゃなくても”というくらいの気持ちでした」と天野。怖いとか野蛮とか、そういったイメージはどうしても持ってしまうものなのだろう。

「でもそれは知らないから、見たことがないからなんですよね。最初に試合を見た時は凄すぎて圧倒されました。そして見ているうちにのめり込みましたね。誰を応援するという立場ではないのですが“いけ!”みたいな気持ちになるんです。興味を持つと選手の過去の映像を見たり、いろいろ調べるようになって。そうすると余計、面白くなってきました」

 雪平は“近さ”に驚いたそうだ。ラウンド掲示ボードを持ってリングに上がるから、リングガールたちが待機する席は当然、リングの目の前にある。

「選手のみなさんの汗とか、時には血も飛んでくるのでビックリしました。一番いい席でボクシングを見させていただいてるなって。ボクシング好きの知り合いにはうらやましがられます(笑)。実況席も近いので、今どんな展開なのか、どんな選手なのかも自然に聞こえてきて。見ていると“どっちにも勝ってほしい”みたいな気持ちになってきますね」

間近で観戦するからこそ分かることがある

 2人とも、ボクシングには“ギャップ”があると感じたそうだ。

「選手の見た目って、勝敗とはあんまり関係ないんだなって。ガッチリした体型の、いかにも強そうな人ばかり勝つわけじゃないんですね。それに劣勢だった選手が最後に大逆転することもある。だから見ていて最後までドキドキします」(雪平)

「優しそうな顔の選手がリングに上がったら険しい顔になったり、寡黙そうな人が勝ったらもの凄く喜んだり。そういう意外性もあります。(寺地)拳四朗選手もそう。顔は幼いと言ってもいいくらいなのにKOも多いんですよね」(天野)

【次ページ】 話題になった「村田vs.ゴロフキンでの涙」

1 2 3 NEXT
天野麻菜
雪平莉左
ゲンナジー・ゴロフキン
村田諒太
井上尚弥
ノニト・ドネア

ボクシングの前後の記事

ページトップ