ボクシングPRESSBACK NUMBER

「メイウェザーを怒らせてはいけない」世界的ボクシングカメラマンが振り返る「ブチ切れKO事件」と超努力家な“マネー”の実像―2022上半期 BEST5

posted2022/09/26 06:01

 
「メイウェザーを怒らせてはいけない」世界的ボクシングカメラマンが振り返る「ブチ切れKO事件」と超努力家な“マネー”の実像―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Naoki Fukuda

メイウェザーの試合のなかで福田直樹氏が「もっとも印象に残った」と振り返る2013年9月14日のカネロ戦。後の4団体統一王者をあらゆる局面で圧倒した

text by

福田直樹

福田直樹Naoki Fukuda

PROFILE

photograph by

Naoki Fukuda

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ボクシング部門の第4位は、こちら!(初公開日 2022年7月7日/肩書などはすべて当時)。

不世出の天才ボクサーにして、他に類を見ない「金の亡者」。9月に総合格闘家の朝倉未来とエキシビションで対戦するフロイド・メイウェザーは、そのキャリアを通じて常に激しい毀誉褒貶にさらされてきた。米リング誌のメインカメラマンを務めた経験を持ち、全米ボクシング記者協会(BWAA)の最優秀写真賞を4度受賞した福田直樹氏が、自身の撮影経験から“マネー”と呼ばれる男の実像を解き明かす。

 50戦全勝、無敗のまま5階級を制覇してプロボクシングを引退したスーパーボクサー、フロイド・“マネー”・メイウェザーに対する世間のイメージは、どちらかといえばネガティブなものが多いかもしれない。神業のテクニックと光速パンチの一方、クラスを上げていく中で目立つようになった安全運転の戦いぶりやどぎつい成金趣味は、確かに一定数のアンチを生んできた。

 だが、それと同時に彼は類い稀な“努力の天才”としても知られていて、ことボクシングに向き合う姿勢は沢山の同業者やファンから最大級にリスペクトされている。

 まずは取材者、カメラマンという立場で感じたこの努力家の部分から取り上げていきたいと思う。メイウェザーほどの猛練習をこなす選手を、いままで見たことがないからだ。

“努力の天才”による濃密すぎるジムワーク

 私が住んでいたラスベガスの西エリアにTMT(ザ・マネーチーム=チーム・メイウェザー)の専用ジムがあったせいもあり、在米当時もっとも頻繁に撮影したファイターの一人がメイウェザーでもあった。彼のジムワークを取材する際には、本人の「遅刻」を含めて、常に4時間以上のスケジュールを空けておかなければならなかったと記憶している。とにかく一つ一つのメニューが濃密でひたすら長く、途中でペースを落とす気配がほとんどない。

 その練習法というと、2020年に他界した叔父ロジャーとのミット打ちが有名ではなかろうか。ロジャーが持つミットをリズミカルに軽打しまくる曲芸のようなウォーミングアップが、メイウェザーの代名詞にもなっていた。しかし、少し意外かもしれないが、実際に驚かされるのはその合間に見せていくパワーパンチの特訓だった。プロテクターをつけた巨漢をリングに入れ、唸り声を上げて強打を繰り出し続ける。サンドバッグも同様にハードパンチが中心だ。ウェートを使ったトレーニングも入念に行っていて、本気で打ったらやはりパンチはかなりありそうに見えた。骨格的にはライト級くらいなので、それ以上の階級では明らかにディフェンシブな“負けないスタイル”になったが、いざとなればこの全力の攻撃があったというわけだろう。

【次ページ】 若きカネロを圧倒したキャリア後期のベストバウト

1 2 3 4 NEXT
フロイド・メイウェザー・ジュニア
サウル・アルバレス
カネロ・アルバレス
マニー・パッキャオ
オスカー・デラホーヤ
アルツロ・ガッティ
リッキー・ハットン
ファン・マヌエル・マルケス
シェーン・モズリー
ミゲル・コット
ザブ・ジュダー
ビクター・オルティス
アンドレ・ベルト
ドン・ムーア
那須川天心
朝倉未来

ボクシングの前後の記事

ページトップ