サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

11年前、なぜ甲府だけが伊東純也の才能に気づけたのか? 中田英寿も獲得したスカウトが語る「無名の神奈川大1年のスピードにビックリした」―2022上半期 BEST5

posted2022/09/24 11:01

 
11年前、なぜ甲府だけが伊東純也の才能に気づけたのか? 中田英寿も獲得したスカウトが語る「無名の神奈川大1年のスピードにビックリした」―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by J.LEAGUE

カタールW杯最終予選で4試合連続ゴール…救世主となった伊東純也(29歳)。11年前、なぜ甲府がいち早くその才能に気づけたのだろうか?

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。サッカー部門の第2位は、こちら!(初公開日 2022年4月20日/肩書などはすべて当時)。

 カタールW杯最終予選で崖っぷちに立たされた日本代表を“救った男”、伊東純也(29歳)。彼が歩んできたサッカー人生は決してエリート街道と呼べるものではなかった。小中高と全国大会を一度も経験せず、「家が近いから」と地元の公立高、大学のサッカー部で汗を流してきた。父親、サッカー部関係者、Jリーグスカウトの証言をもとに描く“伊東純也が救世主になるまで”(全3回の3回目/#1#2へ)。

 2010年からヴァンフォーレ甲府のスカウトを務める森淳にも、伊東純也が神奈川大1年時(2011年)に関東大学リーグに初出場した“あの”流通経済大戦のプレーは強烈に刻まれている。

「何しろ残り30分くらいで足の速い選手が出てきた途端に、強豪の流経を相手に流れが完全に神奈川大にいったわけですから。それも、メンバー表を見たら1年生。得点の流れなどは昔のことで忘れましたが、たった1人の交代選手の登場で試合の形勢が一気に逆転したことに驚いたのははっきりと覚えています」

 森はさっそくそのルーキーについて調べると、逗葉高出身の伊東だとわかった。

 神奈川県出身の森は甲府でスカウトを務めるいまもベースは神奈川に置いている。前年に逗葉高にスピードのある選手がいるという噂は聞いていたものの、それが伊東だと気づいたのは試合後のことだった。

あの日、スカウトは1人だけだった

 森は当時、神奈川大の4年だった佐々木翔(12年甲府加入。現広島)の獲得に向けて試合を見に訪れていた。しかし、その現場に他のスカウトは誰一人としていなかった。

「失礼な言い方になりますが、神奈川大は当時1部と2部を行ったり来たりで、大きなクラブはやっぱり強豪校や代表歴のある有名選手の視察を優先するのでしょう。予算規模の小さい甲府は鳴り物入りでプロ入りするような選手を他クラブと競り合って獲得するのは難しく、どちらかといえば将来性を感じる隠れた逸材を探すようなところがありました。それで佐々木に目をつけていたところ、伊東まで出てきてくれたわけです。そういう状況で、私のほかに神奈川大を追いかけているスカウトがいなかったのはラッキーだったかもしれません。もし伊東が強豪校にいたら、他のJ1のクラブに持っていかれていたと思います」

 出会いは偶然だった。ただ、森は伊東のあまりのインパクトに夢中になり、以降、何度も試合に足を運び、ときには練習場にも顔を出すなどしてプレーをチェックし、3年時の冬の練習招待を経て、獲得に至っている。

9年前のクリスマスイブに「オレ、何でもできます」

 最終的には甲府のほかに、山形も伊東の獲得に名乗りを上げたが、すでに先輩の佐々木が甲府入りしていたことに加え、森が熱心に視察を続けていたことで交渉はスムーズに進んだ。

【次ページ】 9年前のクリスマスイブに「オレ、何でもできます」

1 2 3 4 NEXT
神奈川大学
大森酉三郎
KRCヘンク
伊東純也
逗葉高校
遠藤航
吉田麻也
旗手怜央
横浜F・マリノス
小野裕二
桐光学園高校
ヴァンフォーレ甲府
柏レイソル
野津田岳人
流通経済大学
永井謙佑
小林悠
佐々木翔
久保建英
堂安律
中田英寿
モンテディオ山形
湘南ベルマーレ
石原直樹
中町公祐
稲垣祥
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ