核心にシュートを!BACK NUMBER

監督の激怒と公開説教…「サッカー人生、終わったかもしれんわ」 それでも鎌田大地はなぜ「市場価値31億円」の高評価なのか〈インタビュー〉―2022上半期 BEST5

posted2022/09/24 06:00

 
監督の激怒と公開説教…「サッカー人生、終わったかもしれんわ」 それでも鎌田大地はなぜ「市場価値31億円」の高評価なのか〈インタビュー〉―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

EL制覇を果たし、日本代表でも存在感を放つ鎌田大地がインタビューに応じてくれた

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。サッカー部門の第5位は、こちら!(初公開日 2022年6月14日/肩書などはすべて当時)。

 EL制覇を成しとげた鎌田大地の連続インタビューの第1回。彼が何故ヨーロッパのサッカー界で高く評価されるのか。自己主張の強い選手たちの中に入っても負けない存在感を放っているのは何故なのか。印象的なエピソードとともに語ってもらった。(全3回/#2#3も)

チームメートの前で監督の説教が始まった

「ふざけるな! こんなことで勝てるわけがないだろ!」

 フランクフルトが試合に敗れた後だというのに、ロッカールームは、優勝チームのセレブレーションが終わったあとのような散らかりようだった。蹴られて先端が曲がったまま倒れているペットボトルが、グラスナー監督の怒りを表していた――。

 2022年2月19日のケルンとのアウェーゲーム。鎌田大地は、後半開始時から試合に送り出されたのにもかかわらず、アディショナルタイムに入る直前にベンチへ下げられた。

 途中出場からの途中交代。この状況に悔しさがないわけではなかったが、タッチラインを出て、監督と軽くタッチをかわしてから、ベンチに下がった。どんなに不満があっても、ここで握手を拒否したりすれば罰金の対象になる可能性もある。プロとしては当然の判断だ。

 結局、試合は0-1で終わった。両チームが健闘をねぎらい、握手や言葉をかわしていく。それが一段落していたとき、鎌田は、監督の視線に気がついた。何か言いたげな様子だ。だが、あえて目線を合わせないようにした。納得の出来ない部分があることを態度で示すためだ。ところが、それでも監督が近づいてきて、雷を落とされた。

 そして、ロッカールームに戻ると、チームメートの前で監督の説教が始まった。テーマは、鎌田がチームの求めることをこなせていない点と、鎌田の態度だった。

人生のなかで最も厳しい勢いで叱られました

 その後、チームはバスで帰ることになった。ところが、夜遅くにフランクフルトへ到着すると、今度は本拠地のロッカールームに選手たちは再び集められた。

「EL優勝? CLの出場権獲得? このままでは到底、無理だぞ!」

 怒号を飛ばしたグラスナー監督は、そこでも鎌田の名前を挙げた。チームメートの前での公開説教が再び始まった。

 鎌田は振り返る。

「シーズン前半戦の最後はチームのために働いて勝ち点も稼いでいました(*前半戦最後の7試合で6勝1敗)。でも、ウインターブレイクの後の起用法になかなか納得できなくて。あの試合は自分も試合に集中しきれていなかったかもしれないし、何より、僕のパフォーマンスが良くなかったので。監督がそれに対して、すごく怒るのはわかるのですが……」

 オレのサッカー人生、終わったかもしれんわ。

 大げさではなく、そう思った。

【次ページ】 “鎌田伝説”を物語る鳥栖でのルーキーイヤー

1 2 3 4 NEXT
鎌田大地
フランクフルト
サガン鳥栖

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ