オリンピックへの道BACK NUMBER

羽生結弦の“ある行動”で記者とカメラマンが笑顔に…現地で見た、決意表明会見の“テレビ中継には映らなかった真実”「困ったような笑顔で…」―2022上半期 BEST5

posted2022/09/22 17:00

 
羽生結弦の“ある行動”で記者とカメラマンが笑顔に…現地で見た、決意表明会見の“テレビ中継には映らなかった真実”「困ったような笑顔で…」―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Asami Enomoto

7月19日に行われた羽生結弦の会見。明るく気遣いのある、いつもの羽生の姿がそこにあった

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。フィギュアスケート部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年7月20日/肩書などはすべて当時)。

 競技人生は永遠に続けられるわけではない。誰もがいつか、終止符を打つ日を迎える。

 稀代のフィギュアスケーターにも、その日は、やってきた。

 しかしそれを告げる記者会見は、今まで目にしてきたさまざまな競技の、どのアスリートのときとも、どこか違っていた。

 7月19日、羽生結弦は長きにわたった競技生活を終え、プロの世界へ進んでいくことを発表した。

開場はるか前から多くのメディアが待機

 記者会見は午後5時の開始を予定していた。会見場のオープンはその1時間前の午後4時。だがそれよりもはるか前、少なくとも30、40分前にはほとんどのメディアが受付の前に待機し、開場するのを待ち受けていた。前日に配信されたリリースには「決意表明の場として」の会見であることが記されていた。それぞれに思いを巡らしただろう、ただ、いかなる内容であれそれを見届けたい、耳を傾けたいという熱意の表れのようでもあった。

 新型コロナウイルスの影響下、席と席は間隔をとり、前後の席は見やすさを考慮してだろうか、ずらして配置されている。取材者の数自体も、相当絞っていたようだ。テレビ、新聞、出版社系、フォトグラファーあわせて150名前後だろうか。会場の後方には15のテレビカメラの三脚が並ぶ。

「こんにちは。羽生結弦です」

 時間は刻々と近づく。BGMがやみ、午後5時、司会者の言葉のあと、羽生は下手から壇上に姿を現した。スーツにネクタイを締める羽生は、深々と頭を下げた。

「こんにちは。羽生結弦です」

 第一声、そう話したあとに感謝の言葉を述べた羽生は語った。

「まだまだ未熟な自分ですけれども、プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意いたしました」

 フィギュアスケート界では、競技に打ち込むスケーターと、プロとで大きく二分される。プロスケーターは公式の競技の大会に出場することはない。すなわち、競技から退くことを意味していた――いや、そうではなかった。

【次ページ】 「寂しさは全然ない」と語った理由

1 2 3 NEXT
羽生結弦

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ