フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦の振付師「『プロ転向おめでとう』と連絡したら、すぐに彼から…」シェイリーン・ボーンが振り返る「ユヅは自分の『声』を持っていた」―2022上半期 BEST5 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images/AFLO

posted2022/09/22 06:00

羽生結弦の振付師「『プロ転向おめでとう』と連絡したら、すぐに彼から…」シェイリーン・ボーンが振り返る「ユヅは自分の『声』を持っていた」―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Getty Images/AFLO

2014ー15シーズンに使用したオペラ座の怪人(左)/インタビューに応じたシェイリーン・ボーン氏(右/2016年撮影)

「どの曲も、彼の中できちんと滑りたい理由がありました。ユヅにとって自分自身に忠実に、スケートを通して自分にとっての真実というものを追求していくことはとても大切だったのでしょう。だからこそ、あれほど多くのファンを魅了していくことができたと思うのです」

振付師として感じてきた「ユヅの成長」

「それから何シーズンか、彼の振付を続けていけることは私にとって大きな意味がありました。というのはスケーターと振付師というのは、一緒に作業をしていくうちにお互いのことを学び、より理解を深めて築き上げていくものがあるからです。そこに深い信頼関係が生まれます。そのおかげで私は、ユヅの成長を見守っていくことができたのです」

 特に彼の成長を実感したのは、どんな時だったのだろうか。

「人というのは、成功よりも困難に直面することによって学ぶことが多いものです。ユヅも様々な困難に出逢いました。『オペラ座の怪人』のシーズンも、大会中に他のスケーターとの衝突事故があり、その後も多くの怪我などに苛まれて苦労を重ねた。こうした苦しみからユヅは多くのものを学んでいったと思うのです。

 私自身も覚えがありますが、人生経験を重ねて精神的に大人になっていくにつれスケートに対する姿勢も変わり、そして身体の動作も変わってくるものです。彼はどんどん自分の表現に対してオープンになっていき、また細部にわたってこだわりを持つようになった。振付の動作一つ一つの意味を知りたがるようになっていきました」<後編へ続く>

#1から読む羽生結弦の振付師「『プロ転向おめでとう』と連絡したら、すぐに彼から…」シェイリーン・ボーンが振り返る「ユヅは自分の『声』を持っていた」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
シェイリーン・ボーン
羽生結弦
ジェフリー・バトル
ブライアン・オーサー
ソチ五輪

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ