フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

羽生結弦の振付師「『プロ転向おめでとう』と連絡したら、すぐに彼から…」シェイリーン・ボーンが振り返る「ユヅは自分の『声』を持っていた」―2022上半期 BEST5

posted2022/09/22 06:00

 
羽生結弦の振付師「『プロ転向おめでとう』と連絡したら、すぐに彼から…」シェイリーン・ボーンが振り返る「ユヅは自分の『声』を持っていた」―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Getty Images/AFLO

2014ー15シーズンに使用したオペラ座の怪人(左)/インタビューに応じたシェイリーン・ボーン氏(右/2016年撮影)

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images/AFLO

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。フィギュアスケート部門の第5位は、こちら!(初公開日 2022年8月10日/肩書などはすべて当時)。

過去8年間、羽生結弦の振付を手掛けてきた振付師でプロスケーターでもあるシェイリーン・ボーン。数日後には日本でのアイスショー出演と、彼女の夫で映画監督のボーダン・トゥロック氏が監督するというNHKドキュメンタリー番組の撮影のため、5週間来日するという。出発前の忙しい時期に時間を割いて、独占インタビューに応じてくれた。(全2回の1回目/後編へ続く)。

 

「『プロ転向おめでとう』と連絡したら、すぐに彼から…」

   まず最初に、羽生がプロ転向を発表したことについての感想を聞いた

「ファンタジー・オン・アイス用のプログラムの振付などで、ユヅとはずっと連絡を取り合っていました。でも来季の競技活動については、彼の方から何も言って来なかったので、私からその話題に触れることはありませんでした。余分なプレッシャーを与えたくなかったので。私はあまりインターネットのニュースを見ることはないので、彼のプロ転向のニュースは、夫が最初に気が付いて教えてくれました。私がユヅに、『プロ転向おめでとう』と連絡をしたら、すぐに彼からお礼の返事が来て、私からメッセージをもらえて嬉しい、と言ってくれました」

 タイミング的には予想外ではあったものの、サプライズではないという。

「そもそも最初のオリンピックで金メダルを取った後、選手によっては引退を考えたでしょう。さらに2度目のオリンピックで金を手にした後、すぐに引退したとしてもサプライズではなかったと思います。彼はアスリートとしてやれることは全てやり遂げた。きっと彼の中には、これまでの経験を生かしてやってみたい新しいこと、新たなゴールが見えているのに違いないと思うんです」

羽生の驚異的な身体能力「何という才能だろうかと」

 羽生が初めて彼女に振付を依頼したのは、ソチオリンピックで金メダルを手にした翌シーズンのこと。2014/2015年シーズンのフリー、「オペラ座の怪人」が最初の作品だった。彼の第一印象はどのようなものだったのだろうか。

【次ページ】 羽生の驚異的な身体能力「何という才能だろうかと」

1 2 3 NEXT
シェイリーン・ボーン
羽生結弦
ジェフリー・バトル
ブライアン・オーサー
ソチ五輪

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ