Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

「生々しい傷が残って…」衝撃の死から1年後、アイルトン・セナから石橋貴明に届いた“約束のヘルメット”「一度も頭を入れたことはありません」―2022上半期 BEST5

posted2022/09/23 11:00

 
「生々しい傷が残って…」衝撃の死から1年後、アイルトン・セナから石橋貴明に届いた“約束のヘルメット”「一度も頭を入れたことはありません」―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Getty Images

1994年5月1日、サンマリノグランプリでのクラッシュで亡くなったアイルトン・セナ。34歳の若さだった

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Getty Images

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。Number部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年5月1日/肩書などはすべて当時)。

28年前の5月1日、アイルトン・セナがサンマリノGPでの悲しい事故で亡くなりました。故人を偲び、これまで有料公開されていた記事を特別に無料公開します。<初出:Sports Graphic Number 968・969号(2018年12月20日発売)、肩書などすべて当時>

 神懸かった走り、ライバルたちとの死闘によって多くの人々がF1とブラジル人ドライバーに心を奪われた。その1人、番組でカート対決に挑んだ“アイルトン・タカ”が、“音速の貴公子”との出会いと突然の別れを振り返る。

◆◆◆◆◆

 石橋貴明は、1992年に新聞紙上に見つけた西武百貨店の全面広告を、今でも鮮明に覚えている。アイルトン・セナのモノクロのポートレート写真に、こんなコピーが添えられていた。

 足りないものは何ですか?

 愛が足りない。――アイルトン・セナ

 地位も名誉も勝ち取り、世界中の人々に愛されている。一方、プライベートでは22歳で離婚を経験し、どこか物悲しそうに見えるセナの表情に、石橋は魅了された。

 '87年にフジテレビがF1中継を始めて以来、セナ一筋。初めて生観戦した'89年日本GPでは、セナが残り2周でトップのアレッサンドロ・ナニーニをオーバーテイクした瞬間、13万人の大観衆とともに拳を突き上げた。翌年の鈴鹿では、スタート直後の1コーナーで、セナとアラン・プロストがクラッシュした瞬間、言葉を失った。

 '92年、日本テレビ『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』内でカート対決企画を始めてからは、自身を「アイルトン・タカ」と名乗っていた。

 そんなタカとセナが初めて対面したのは、'92年10月20日。東京・河田町にあったフジテレビ社屋内の、特別応接室だった。

セナ「彼はグッドガイだ」

 あの日はたまたま仕事が休みで、家でテレビをつけたら、『笑っていいとも!』にセナが出てたんです。15時からの『タイム3』と、夕方の『スーパータイム』にも出演すると告知していました。慌ててフジテレビのスタッフに「会えないかな?」って相談したら、許可が下りて。『生ダラ』で使っていたセナ仕様のヘルメットを持って、急いで河田町に向かいました。

 ガチガチに緊張しながら応接室に入ったら、セナはソファでくつろいでいる。僕としては、軽く挨拶をして終わりだろうと思っていました。ところが立ち上がってネクタイを締め直したセナは、がっちり手を握って、こう言ってくれたんです。

「はじめまして。カートをやっているそうですね。うまくなりましたか? カートは、小さな子どもたちにとって、精神と肉体をすごく鍛えられる素晴らしいスポーツです。僕も昔、カートの大会で来日したことがあります。ぜひ、テレビを通じてカートを広めてください」

 もう、大感動。セナのマネージャーから冗談半分で「“アイルトン”を名乗ってるなら、ギャラをもらわなきゃ」って言われたけど、セナは「彼はグッドガイだ。そんなこと言うな」と。あのとき、一緒に撮ってもらった写真は、宝物になりました。

【次ページ】 モナコGPで古舘伊知郎と共演。

1 2 3 4 NEXT
アイルトン・セナ
石橋貴明

F1の前後の記事

ページトップ