Number ExBACK NUMBER

カンボジア国籍で五輪出場、猫ひろし45歳が今明かす“大バッシング”の真相「今後は五輪を目指すつもりも、国籍を戻すつもりもない」―2022上半期 BEST5 

text by

音部美穂

音部美穂Miho Otobe

PROFILE

photograph byShiro Miyake/Getty Images

posted2022/09/21 06:01

カンボジア国籍で五輪出場、猫ひろし45歳が今明かす“大バッシング”の真相「今後は五輪を目指すつもりも、国籍を戻すつもりもない」―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Shiro Miyake/Getty Images

2016年のリオデジャネイロ五輪にカンボジア代表として出場したお笑い芸人の猫ひろし

「正直言って、やっぱりこたえましたよ」

「2011年に国籍変更を発表した時も大きく報じられたんですが、それほど批判はなかったんですよ。きっと『本当に五輪出られるわけない』と思われていたんでしょうね。でも、実際にカンボジア代表に内定した瞬間、批判が急増した。

 正直言って、やっぱりこたえましたよ。

 でも、正々堂々とやろうと決めていた。僕が国籍を変更することで一番迷惑するのは、日本で批判している人たちじゃなくて、五輪出場枠を取り合うことになるカンボジアの選手。妻からも『正々堂々と走って、きちんとタイムを出してほしい』と言われていました。だからこそ、国籍変更後も真剣に練習してきたし、五輪の舞台でも、自分のすべてを出し切りたいと思っていました」

まさかの内定取り消し「頭が真っ白でした」

 だが、その後事態は急転し、出場内定は取り消しに。国際陸上競技連盟が「国籍取得から1年以上経過」もしくは「連続した1年以上の居住実績」という規定をクリアしていないという理由で、カンボジア代表としての参加資格を満たしていないと判断したのだ。

「僕が国籍を変更した後に規定が変更されたので、『聞いてないよ!』って。『猫が罠に引っかかった!』って思いましたよ。

 まあ、そんな冗談も今だから言えるけど、内定取り消しを知った時は頭が真っ白でした。

 いったい自分は何をやってるんだろうって……。

 でもね、内定取り消しになった日も、悔しくて40km走ったんですよ。一人では耐えられそうになかったから、仲の良い後輩芸人を呼んで自転車で伴走してもらって。

 その時に思ったんです。五輪がダメになったぐらいで、マラソンをやめるのは違うな、と。五輪に出られる、出られないは関係なく、もっと練習して速くなってやろうって。

 そうやってもがいているうちにタイムが伸び、2015年に自己ベストが出た。それで、もう一度五輪に挑戦できるかもと、ようやく思えるようになったんです」

リオ五輪は140人中139位でも「本当に幸せでした」

 そして2016年。猫は、ついに夢の舞台への切符を手にした。リオデジャネイロ五輪にカンボジア代表として出場することになったのだ。

「決定してから五輪本番までは2~3カ月しかなかったので、タイムを縮めることよりもケガをせずに調整することに全力を注ぎました。だから、スタートラインに立った時、これから走るというのに、ここまで無事に来られたことに対する安堵の気持ちもありました」

【次ページ】 代表枠を争ったカンボジア選手からの「ある言葉」

BACK 1 2 3 4 NEXT
猫ひろし
リオデジャネイロ五輪
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ