プロ野球PRESSBACK NUMBER

「もう、ええか」野村克也監督から“戦力外通告”を受けた男…その9年後、ノムさんから突然かかってきた電話「どうだ、高校野球は?」―2022上半期 BEST5 

text by

加藤弘士

加藤弘士Hiroshi Kato

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/09/19 17:00

「もう、ええか」野村克也監督から“戦力外通告”を受けた男…その9年後、ノムさんから突然かかってきた電話「どうだ、高校野球は?」―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

2002年11月~2005年11月まで3年間シダックス野球部監督を務めた野村克也(写真は2003年、都市対抗野球東京代表決定戦の勝利後)

「道しるべというか、ルールブックというか。指導に没頭していると、迷いが出てくるんですけど、僕にはバイブルがあるんで。『野村の考え』というバイブルが。迷ったら、戻る。あの頃の自分に、戻るんです」

 シダックス時代は野村教室の「劣等生」だった相馬だが、17年には秋季関東大会に優勝し、明治神宮大会に出場。翌18年には春夏の甲子園で指揮を執った。

 相馬には夢がある。シダックス時代に優しく接してくれた先輩で、昌平(埼玉)の監督を務める黒坂洋介と、甲子園で勝負するというものだ。

「昌平のブラバンも『シダックスファイヤー』を演奏しているんですよ。甲子園のアルプススタンドで、両方から『シダックスファイヤー』が流れたら、野村監督も驚かれるんじゃないかな。何とか実現させたいですね」

 時代は変わるが、人は残り、音楽も残る。東京ドームの大観衆を熱狂させた炎のメロディーは千葉の地で、消えることなく、燃えさかっている。

後編続く>

野村克也には「空白の3年間」があった……社会人野球・シダックスでの日々に当時の番記者が迫る『砂まみれの名将 野村克也の1140日』 (新潮社) (書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

2022年上半期 プロ野球部門 BEST5

 

1位:「もう、ええか」野村克也監督から“戦力外通告”を受けた男…その9年後、ノムさんから突然かかってきた電話「どうだ、高校野球は?」
https://number.bunshun.jp/articles/-/854580

 

2位:ジョニー黒木の娘は今、マリンで踊る! 運動会リレーで爆走する“熱いお父さん”秘話、大流行中の「きつねダンス」をどう思う?
https://number.bunshun.jp/articles/-/854579

 

3位:村上宗隆22歳が「必然のホームランバッター」であるワケ。松井秀喜にもなかった特別な能力とは? 《世界新の5連発を検証!》
https://number.bunshun.jp/articles/-/854578

 

4位:「社会人野球の打診をカープが断った」19年前の広島ドラ1捕手・白濱裕太…18年間で一軍出場わずか86試合なのに、なぜ“戦力外”にならない?
https://number.bunshun.jp/articles/-/854577

 

5位:ヤクルト塩見泰隆の“天然エピソード” 社会人野球の名門と交渉時に…大学時代の監督「あいつ、ガソリンスタンドで働くと思っていたんです」
https://number.bunshun.jp/articles/-/854576

 

#1から読む「もう、ええか」野村克也監督から“戦力外通告”を受けた男…その9年後、ノムさんから突然かかってきた電話「どうだ、高校野球は?」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
野村克也
東北楽天ゴールデンイーグルス
シダックス
阪神タイガース
中央学院高校
相馬幸樹
明徳義塾高校
市立船橋高校
大阪体育大学
上原浩治
田中善則
昭和第一学園高校
野間口貴彦
野村沙知代

プロ野球の前後の記事

ページトップ