プロ野球亭日乗BACK NUMBER

村上宗隆22歳が「必然のホームランバッター」であるワケ。松井秀喜にもなかった特別な能力とは? 《世界新の5連発を検証!》―2022上半期 BEST5

posted2022/09/19 11:00

 
村上宗隆22歳が「必然のホームランバッター」であるワケ。松井秀喜にもなかった特別な能力とは? 《世界新の5連発を検証!》―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by KYODO/BUNGEISHUNJU

史上初の5打席連続本塁打を放ったヤクルト村上宗隆(左)と巨人時代の松井秀喜(右)

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO/BUNGEISHUNJU

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。プロ野球部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年8月4日/肩書などはすべて当時)。

 いまの野球が生み出した必然のホームランバッター。ヤクルト・村上宗隆内野手が達成した5打席連続本塁打の日本記録達成に改めて感じたことだ。

 初めて村上を見たのは、プロ1年目の2018年、シーズン終盤の9月に一軍に昇格してきたときだった。圧倒的なスイングスピードはホームランバッターの必須の条件で、村上にはそれがあった。ただ当然だが、当時はまだまだ攻守に荒々しくて、一軍で活躍するのにはもう少し時間がかかるかもしれないと思った。

 しかし翌19年にはレギュラーとして定着して、いきなり36本塁打を放って、ホームラン王争いを演じた。21年は39本塁打で巨人・岡本和真内野手とタイトルを分け合うまでに、急速な進化を遂げてきたのである。

 そして今年はさらにステップアップを遂げて、前人未到の領域へと足を踏み入れようとしているようにも見える。

王、松井にも見られない村上の特異性とは?

 村上の最大の特長はもちろんグラウンドを90度、目一杯に使ってホームランを打てることにある。

 今年の39本塁打の打球方向は右中間を含む右方向が14本で中堅方向が9本、そして左中間を含む左方向が16本とセンターから左方向の打球が全体の64%を占めている。

 これは過去の日本人のホームランバッターにはあまりいないタイプで、逆方向への本塁打という点ではロッテ時代に2度の50本塁打以上を記録した落合博満さん(元中日監督)ぐらいである。

 ただ落合さんはバットを鞭のようにしならせながらボールを乗せて運ぶ打撃スタイルだったのに対して、村上はどちらかというと圧倒的なスイングスピードを武器にインパクトの強さとフォロースルーで打つタイプ。打撃としてはむしろ元巨人の王貞治さん(現ソフトバンク球団会長兼特別チームアドバイザー)や元巨人でニューヨーク・ヤンキースなどでもプレーした松井秀喜さんに近いタイプの打者と言えるのかもしれない。

 ただ、村上にはその2人にも見られない特異性が見てとれる。それが逆方向への打球の質なのだ。

【次ページ】 逆方向に狙って打てなければ…

1 2 3 4 NEXT
村上宗隆
東京ヤクルトスワローズ
王貞治
松井秀喜
落合博満
大谷翔平
柳田悠岐

プロ野球の前後の記事

ページトップ