野球クロスロードBACK NUMBER

“松井秀喜がいた甲子園”を全試合完投で優勝…30年前、あの“鉄腕”はなぜプロ野球に進まなかったのか?―2022上半期 BEST5

posted2022/09/18 17:01

 
“松井秀喜がいた甲子園”を全試合完投で優勝…30年前、あの“鉄腕”はなぜプロ野球に進まなかったのか?―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU

いまから30年前、1992年夏の甲子園は全5試合で完投した「鉄腕」のひとり舞台だった(写真はイメージです)

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

BUNGEISHUNJU

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。高校野球部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年8月12日/肩書などはすべて当時)。

 鬼のような形相で睨みつける。気迫がボールに乗り移り、バッターを打ち取る。

 あとひとり。深呼吸をして間を整えると、今にも泣き出しそうに顔を歪める。

 両極端の感情が、西日本短大附の森尾和貴に同居していた。

「最後は『絶対に敗けん……ここで負けるわけにはいかない!』という気持ちで投げていたんですけど、『やっとここまできたんだな』という想いが、どこかにあったと思うんですね。だから、こみ上げてくるものを抑えようとはしていました」

30年前、甲子園全試合完投の「鉄腕」

 1992年夏。甲子園決勝戦のマウンドに森尾は仁王立ちしていた。

 1-0で迎えた最終回。2死からランナーを出し、盗塁で得点圏までランナー進める。迎えるは、拓大紅陵の5番・立川隆史。準々決勝で9回に劇的な逆転ホームランを打っていることを森尾は知っていたし、当然、警戒もしていた。なにせ、単打で同点、一発を許せば逆転の場面なのである。

 ただ、打たれる気は全くなかった。

「ピンチという感覚がなかったですね。立川君が逆転ホームランを打ったことはわかっていたんですけど、不思議と負けるとか打たれるって気持ちが全くなかったんですよ。優勝できる。これしか頭にありませんでした」

 二面性の表情を出していても、森尾は落ち着いていた。キャッチャーからのサインに首を振り、マウンドを外す。そして、内角のストレートで立川をサードフライに打ち取り、甲子園の中心で両腕を高々と突き上げた。

 この夏、森尾は「鉄腕」と呼ばれた。

 甲子園全5試合で完投し、失点はわずか1。45イニングを投げ四死球は4。その安定感から「精密機械」とも称賛された。

 完全無欠のピッチング。森尾は自身のパフォーマンスを「できすぎ」とは言わない。

【次ページ】 激闘を制し甲子園…「先輩たちを超える」

1 2 3 4 NEXT
森尾和貴
新日本製鐵八幡硬式野球部
西日本短大附属高校
松井秀喜
星稜高校

高校野球の前後の記事

ページトップ