プロ野球PRESSBACK NUMBER

メジャーは佐々木朗希20歳をどう見ている? 米記者に聞く“リアルな評価”「投手としては大谷よりも上」「球審との一件は少し奇妙」―2022上半期 BEST5

posted2022/09/17 06:01

 
メジャーは佐々木朗希20歳をどう見ている? 米記者に聞く“リアルな評価”「投手としては大谷よりも上」「球審との一件は少し奇妙」―2022上半期 BEST5<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

すでに米野球界にも広がっている「ロウキ・ササキ」の衝撃。日々メジャーの精鋭たちを追いかける記者たちの目に、佐々木朗希はどう映っているのか

text by

阿部太郎

阿部太郎Taro Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

2022年の上半期(対象:4月~8月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。MLB部門の第4位は、こちら!(初公開日 2022年5月9日/肩書などはすべて当時)。

「ロウキ・ササキ」

 4月10日。20歳の佐々木朗希が完全試合を達成した衝撃は、瞬く間に全米に広がった。

 エンゼルスの大谷翔平も「(周囲の)みんなが知っていたりする。アメリカのニュースでも流れている。もっともっと頑張ってもらいたいし、自分も励みにしたい」とコメント。佐々木の偉業は、今や「メジャーの顔」になった男をも刺激した。

あるメジャー球団のGMは「現時点で世界のベスト5」

 日本にも自身のルーツを持ち、日本野球に精通しているロサンゼルス・タイムスのディラン・ヘルナンデス記者のもとには、すぐに大リーグの球団関係者やスカウトから連絡が入ったという。

「彼が完全試合をした後、大リーグのアジア担当のスカウト何人かと話をした。あの試合の直後、スカウトはビデオでチェックして、自分のチームに詳細なレポートを提出したみたい。みんな言っているのは、『投手としての能力は大谷より上』だと。どうやったら彼に近づけるか、聞いてくる代理人もいた。チームの幹部も知っているし、彼のマネジメント会社や周囲の環境など、調べ尽くしていると思う」

 さらにヘルナンデス記者は「名前は言えないけど……」と言って続けた。

「ある球団のGMは『今の時点で、世界のベスト5には入るんじゃないか』と言っていた。もちろん、真顔でね」

 2019年、ヘルナンデス記者は日本への出張中にプライベートで、高校時代の佐々木が投げた夏の地方大会に足を運んだという。その時のプレーは今でも鮮明に思い出せる。

「バランスがすごかった。あれだけ足を上げるのに、投球フォームが毎回同じ。もう、才能だけでメジャーにいけるんじゃないかって。その時、そう思った」

 あれから3年近くが経った。今回、プロでパーフェクトを達成した佐々木の映像を見てどう感じたのか。

【次ページ】 「あれで20歳というのは、ちょっと考えられない」

1 2 3 NEXT
佐々木朗希
大谷翔平
ジェイコブ・デグロム
クレイトン・カーショウ
井口資仁
白井一行

プロ野球の前後の記事

ページトップ