Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[実力検証]京口紘人&葛西裕一が語る、ボクサー天心の可能性

posted2022/08/25 07:01

 
[実力検証]京口紘人&葛西裕一が語る、ボクサー天心の可能性<Number Web> photograph by Ryo Saito

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Ryo Saito

天心に初めてボクシングを指導した敏腕トレーナーと、YouTubeでコラボ経験のある現役の世界2階級王者が、プロボクサーとしての未知なる可能性について語った。

「とうとうですね。やっと来たかと」

 那須川天心のボクシング転向にあたり、そう口にしたのは元東洋太平洋ジュニアフェザー級王者の葛西裕一だ。現在は世田谷区用賀でボクシングフィットネスジム「GLOVES」の代表を務めている。

 葛西は長く帝拳ジムでトレーナーを務め、西岡利晃、下田昭文、五十嵐俊幸、三浦隆司という世界チャンピオンを育て上げたことで知られている。そんな敏腕トレーナーのもとに、「ボクシングの技術を教えてほしい」と知人を介して現われたのが当時、空手やキックの世界で天才少年と騒がれていた15歳の那須川だった。

「確か天心が中学校を卒業するころ、トレーナーのお父さんと一緒ではなく、一人で来たように記憶しています。夕方からプロ選手を指導する前の時間に天心を教えました。そのころから、早くボクシングに来てくれないかな、と思っていたんですよ。だから、やっと来たかと。長かったですね」

 そう思わせるだけの才能が那須川にはあった。特に葛西を驚かせたのは吸収力の高さだったという。

「たとえば空手は拳を低い位置に構えて、そこから突き出します。ボクシングは拳を顔のあたりに構えて、そこからノーモーションでパンチを打つ。そう教えるんですけど、空手経験者はなかなか直せない。構えはできても、パンチを出すときにどうしてもいったん拳を下げてしまうんです。でも、天心はできた。一発ですよ。あれには感心しましたね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2745文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

那須川天心
葛西裕一
フロイド・メイウェザー・ジュニア
京口紘人
山中慎介

ボクシングの前後の記事

ページトップ