Number ExBACK NUMBER

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byKatsuro Okazawa/AFLO

posted2022/08/06 11:25

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa/AFLO

PL学園時代にKKコンビとして名を馳せた清原和博と桑田真澄

 それからはまるで夢を見ているようだった。桑田は甲子園の準決勝で当時の王者だった徳島・池田高校を完封した。清原は横浜商業との決勝戦で先制のホームランを放った。他の1年生とともにアルプススタンドでメガホンを手にしていた滝口は湧き上がるものを抑えられなかった。強面の上級生たちも、全国のどんな強豪校も怖くはなかった。KKコンビと呼ばれるようになった彼らの背中に自分を投影していた。日本一とは未知の場所ではなく、すぐそこにいる2人を追いかけていけば辿り着ける場所なのだと思えた。そういう意味で清原と桑田は31期生の誇りであり、勇気だった。

もしかしたら、桑田はプロにいきたいんじゃないのか…

 そして不思議なことに、まったく対照的な性格の2人はグラウンドで戦っている限りは鮮やかに共存していた。マウンドとバッターボックス。それぞれのために用意されたようなポジションがあり、他者が踏み入ることのできない領域で共鳴していた。

 ところがすべてのゲームが終わり、グラウンドから離れると2人のコントラストは浮き彫りになった。日を追うごとに鮮明になり過ぎている気がした。桑田が毎朝何を祈っているのか、滝口は知らなかったが、ドラフトが近づくにつれて胸騒ぎを感じるようになっていた。

 桑田が本当にいきたいのは早稲田ではないのかもしれない……。もしかしたら、桑田はプロにいきたいんじゃないのか――。

<#3につづく>

『虚空の人 清原和博を巡る旅』 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします『虚空の人 清原和博を巡る旅』(文藝春秋) 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

【著者インタビュー動画】
「清原和博を追い続け、何が見つかったのか。ノンフィクション界話題の作家・鈴木忠平に聞く」

#3に続く「本当の“怪物”は桑田なのでは?」PL学園・同級生が見たKKドラフトの真相。清原にはなかった圧倒的な才能「こいつ、オレたちと同じ人間なんか…」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
清原和博
桑田真澄
PL学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ