Number ExBACK NUMBER

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byKatsuro Okazawa/AFLO

posted2022/08/06 11:25

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa/AFLO

PL学園時代にKKコンビとして名を馳せた清原和博と桑田真澄

「桑田くん、本当に早稲田に入りたいの?」

 桑田は少し戸惑ったような表情を浮かべると、返答の代わりに苦笑いを返した。すると、腕章の学生は本気とも冗談ともつかないような調子でこう続けた。

「悪いことは言わないから、やめておいた方がいいんじゃない?」

 滝口の記憶では桑田が早稲田への思いを口にしなくなったのはそれからだった。あの日の一件が桑田を考え込ませているのかもしれない。秋が深まるにつれ、滝口はそう考えるようになっていった。

KKドラフト当日の水曜日

 ――ドラフト当日は水曜日だった。学園内では普段と変わらない1日が始まろうとしていた。滝口はいつものように寮の食堂で朝食を取り、2キロほど離れた校舎へと向かった。教室は校舎の地下1階にあった。野球部と剣道部とゴルフ部、体育会系男子生徒ばかりの粗野なクラスに入ると、後ろのほうに人だかりができていた。清原が相変わらず仲間たちに囲まれていた。

 一方で桑田はひとり自分の席に座っていた。太陽と月。動と静。清原と桑田は対照的だった。それは31期生たちが入学してからずっと変わらなかった。2人は1年生の夏から四番とエースになった。KとK。2つの才能は同級生たちを導く引力だった。滝口も彼らを見上げながら3年間を駆け抜けてきた。 

 あれはまだ入学まもないころ、他校と練習試合が組まれたことがあった。滝口はスコアボード係を担当することになった。センター後方にある寮の屋上に上がり、そこに設置されているボードの裏から試合のイニングスコアを操作する。1年生のほとんどはそうした雑用にあてられていた。

 そんな中、清原が試合に出場した。1年生では数少ない抜擢であった。滝口は自分のことではないのに胸が高鳴るのを感じた。ゲームの終盤、清原が代打で打席に入ると自然と手を握りしめていた。

 初めての試合で清原は打った。当時、全国に名を馳せていた沖縄興南高校のエース仲田幸司からツーベースを放った。ボードの裏にいた滝口からは右中間を真っ二つに割る打球が眼下に見えた。ベンチで啞然とする先輩たちの顔が浮かび、誇らしさが込み上げてきた。 

 おれたちの世代にはこんな奴がいるんだ……。やがて桑田も試合で投げるようになった。2人は1年生の夏からユニホームをもらった。夏の大阪大会に1年生がメンバー入りするのは、PL学園が強豪校になってからほとんど例のないことだった。

【次ページ】 もしかしたら、桑田はプロにいきたいんじゃないのか…

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
清原和博
桑田真澄
PL学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ