Number ExBACK NUMBER

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byKatsuro Okazawa/AFLO

posted2022/08/06 11:25

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa/AFLO

PL学園時代にKKコンビとして名を馳せた清原和博と桑田真澄

 ただ桑田は最後の夏が終わると早々と早稲田大学進学の希望を表明した。それによってドラフトの指名ができないわけではなかったが、本人があえて強い意志を示したことで、プロ側は強行指名しても入団を拒否されるリスクを抱えることになった。そのためか、新聞紙上に桑田の名前が躍ることは少なくなっていった。

 だが滝口はそんな桑田の心が少しずつ変化しているような気がしていた。秋が深まり、ドラフトが近づくにつれて早稲田への憧れを口にすることが減っていたのだ。そして、そのきっかけには心当たりがあった。

早稲田進学表明後に桑田が呟いたひと言

 9月終わり、滝口は桑田らチームメイト数人と上京した。それぞれが各大学野球部のセレクションを受けるためだったが、その合間に東京六大学野球の秋季リーグ、早稲田大学対東京大学の試合を観ようと神宮球場を訪れた。

 滝口たちはバックネット裏のスタンド上部に陣取った。明るい緑の人工芝グラウンドに早稲田の選手たちが現れた。白地のユニホームにWASEDAという燕脂の刺繡を見ると自然と心が躍った。

 桑田はなおさらだろう。

 滝口は傍に座っているエースの心境を思った。桑田の母方の祖父は同大学の出身であり、母親からは「あなたにも早稲田の卒業生になってほしい」と幼いころから期待をかけられてきたのだという。

 ところがその日、桑田の目の前で早稲田は敗れた。東大を相手に一点も奪うことができなかった。白地のユニホームも、緑と青に彩られた球場も、どこか色褪せて見えた。桑田は秋風に吹かれながらグラウンドをじっと見つめていた。

 滝口は俯く早稲田ナインとPL学園のエースとの間にギャップを感じていた。桑田は甲子園で並ぶ者のいない投手だった。大学、社会人は高校よりもレベルが上がるとはいえ、もはやアマチュアで投げるような投手ではないような気がしていた。その違和感が早稲田の惨敗を見たあとではより鮮明になった。

 後日、寮に戻ってから桑田がふと呟いた。

「あれがおれの思っていた早稲田なんかな……」

 それまでとは明らかにトーンが違っていた。

 あの神宮での試合の後、桑田と滝口ら数人は球場に隣接するパーラーで喉を潤すことにした。沈んだ空気のまま、言葉少なにテーブルについていると、そこへ早稲田スポーツ新聞会の学生たちがやってきた。スタンドで桑田の姿を見つけて、追いかけてきたのだという。

 腕章をつけた何人かのうち一人が言った。

【次ページ】 KKドラフト当日の水曜日

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
清原和博
桑田真澄
PL学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ