Number ExBACK NUMBER

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byKatsuro Okazawa/AFLO

posted2022/08/06 11:25

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa/AFLO

PL学園時代にKKコンビとして名を馳せた清原和博と桑田真澄

 桑田は何を祈ってるんやろ……。

 それは滝口だけではなく、部員の誰もが心の片隅に抱えていた疑問だった。だが本当の理由は誰も知らなかった。

 野球部31期生たちは入学以来、毎日朝から晩まで顔を合わせてきた。年に一度の帰省以外は寮で暮らし、学校生活も同じクラスで送ってきた。お互いにほとんど知らぬことなどなく、言葉にせずとも胸の内はわかった。

 だが、桑田だけは例外だった。3年間をともにしてきたメンバーでも立ち入れない領域があった。エースピッチャーにしては物静かで、輪の中心に自ら進み出ることもなかった。ひっそりと自分だけの内面世界を守っているようなミステリアスな雰囲気を持っていた。

「でもな、おれは1位で巨人にいくんや」

 一方でもうひとりの中心人物である清原は朗らかに内面を開放していた。とくにこの夏の終わりから秋にかけて、彼はクラスの主役だった。

「昨日は実家に阪神のスカウトが来てたわ。その前は南海と近鉄も来てたらしいわ」

 1年生の夏から5度の甲子園大会に出場し、歴代最多13本のホームランを放った清原はプロ球団がこぞって獲得を狙う存在になっていた。ドラフト会議が近づくにつれて、彼の周囲はプロのスカウトたちの往来で騒がしくなっていた。当の清原はその内幕を開けっ広げに、ユーモアを交えて仲間たちに話して聞かせた。そのため、休み時間も放課後も、清原のまわりには同級生たちの人だかりができていた。

「でもな、おれは1位で巨人にいくんや」

 清原は言った。もし抽選になって巨人が外れてしまったらどうするのか?

 誰かが問うと屈託なく笑った。

「セ・リーグ以外の球団なら社会人にいくわ。まあでも、おれは巨人にいくんや!」

 夏の陽射しがよく似合う向日葵のような男は、自分が憧れの読売ジャイアンツに入団することを疑っていないようだった。制度上、複数球団の指名が競合した場合には、選手との入団交渉権を巡って抽選となる。だから清原の願いはあくまで他者の力に委ねられているわけだが、まるで、そんなことなど頭にないかのように一途な熱を振りまいていた。

 本来であれば桑田の周囲も清原と同等か、それ以上に騒がしくなってもおかしくはなかった。1年生の夏からPLのエースとなり、甲子園史上最多の通算20勝をあげた。どの球団も欲しい逸材であることは間違いなかった。

【次ページ】 早稲田進学表明後に桑田が呟いたひと言

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
清原和博
桑田真澄
PL学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ