Number ExBACK NUMBER

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》

posted2022/08/06 11:25

 
「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa/AFLO

PL学園時代にKKコンビとして名を馳せた清原和博と桑田真澄

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Katsuro Okazawa/AFLO

   1985年11月20日のドラフト当日。その年の甲子園で劇的な優勝を遂げたPL学園の清原和博と桑田真澄のチームメイトは何を感じていたのか。当時のKKを巡る秘話を明かした。
   ベストセラー『嫌われた監督』で大宅賞、講談社ノンフィクション賞、ミズノスポーツライター賞の3冠受賞を果たした作家・鈴木忠平氏の待望の新刊『虚空の人 清原和博を巡る旅』より一部抜粋してお届けします。(全3回の2回目/#1#3を読む)

   1985年11月20日の朝、滝口隆司は薄闇のなかに目覚めた。その日はプロ野球ドラフト会議が行われることになっていた。

 今日もいくんかな……。

 滝口の頭に浮かんだのは同部屋の桑田真澄のことだった。PL学園野球部の「研志寮」は一室ごとに各4人が寝起きしている。お互いの息遣いまで聞こえる空間で誰かが闇の中を動けば気配はわかるはずだった。

 すでに3年生はすべての大会を終えていた。それぞれの進路に向けて各自が動き出していた。そんな日々の中、桑田は寮からの登下校の途中に「奥津城」と呼ばれる初代教主の墓へ向かっていた。まれに未明の時刻に布団を抜け出していくこともあった。墳墓に向かって祈りを捧げている彼の姿を滝口は何度か目にしたことがあった。じっと目を閉じる表情からは強い願望を胸に秘めていることをうかがわせた。 

 野球部員にとって祈りは身近なものだった。特待生として集められた精鋭たちも入学すれば教団の教義に従って生活することになる。毎朝、広間に集まって部員全員で「朝参り」の儀式を行う。試合で打席に入る際には胸の御守りを握ってPL教の神様に祈る。勝たせてくださいと祈るのではなく、練習の成果を発揮させてくださいと唱えるのが彼らの特徴だった。見えない何かを信じることはPL野球部の強さの一つだった。甲子園優勝をめざして戦う中で、チーム内の競争に勝ってメンバーに入れますように、大舞台で力を出せますようにと、誰もが気まぐれな白球の行方を祈りに託した。奥津城へ祈りを捧げていたのは決して桑田ひとりではなかった。

「桑田は何を祈ってるんやろ…」という疑問

 だが、桑田が特異だったのは秋になっても祈り続けていたことだ。3年夏の甲子園で優勝を果たし、すべての公式戦が終わった後でも奥津城へ通うことをやめなかった。つまり、彼はグラウンドの勝敗以外の何かに向けて祈っている――そうとしか考えられなかった。 

 寮の部屋のメンバーは年に何度か入れ替わるため、桑田がどれくらいその行動を続けているのか滝口には分からなかったが、少なくとも同室になってから何度かその光景を目撃していた。

【次ページ】 「でもな、おれは1位で巨人にいくんや」

1 2 3 4 5 NEXT
清原和博
桑田真澄
PL学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ