Sports Graphic NumberBACK NUMBER

「このチーム大丈夫か?」移籍選手が戸惑ったほどのきつい筋トレをするフィジカル軍団・いわきFCの躍進の秘密とは?

posted2022/07/26 11:00

 
「このチーム大丈夫か?」移籍選手が戸惑ったほどのきつい筋トレをするフィジカル軍団・いわきFCの躍進の秘密とは?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

川端康生

川端康生Yasuo Kawabata

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 いわきFCが止まらない。

 震災復興の一環として株式会社ドームがいわきFCを旗揚げしたのが2016年。福島県2部リーグからスタートしたチームは、ほぼノンストップで昇格を続け、昨季はJFLで優勝。わずか6年でJリーグの舞台に到達した。

 そして今季参入したJ3でも、ここまで2位につけ(7月25日現在)、J2への自動昇格圏内にいる。

 快進撃の原動力となっているのが「フィジカル」である。

 設立時に〈日本のフィジカルスタンダードを変える〉と宣言したいわきFCは、それまでとは異なるアプローチで、チームビルディングを行ってきた。

 シーズン前には「鍛錬期」と称して、ほとんどボールに触れることなく、ひたすら筋力アップに取り組む。

 開幕前だけではない。シーズン中も筋トレは続く。試合前日でさえ、選手たちはベンチプレスを挙げにトレーニングルームにやって来るのだ。

「いまではもうそれがクラブのカルチャーになっているから」

 大倉智社長も田村雄三スポーツディレクターも事も無げにそう言う。

 しかし、もちろん勝手に芽が出て、自然に根付いた文化ではない。

 なぜなら――サッカー選手に筋トレは必要ない。むしろ筋肉をつけすぎると、身体が重くなって走れなくなる。怪我にもつながる。

 それが日本サッカー界の常識だったからだ。

 そんな固定観念や先入観への挑戦。その挑戦の積み重ねがクラブのカルチャーを育み、チームの快進撃を実現したのである。

きつい筋トレに最初は戸惑った

「正直に言うと、はじめは『このチーム大丈夫か?』と思いました」と笑うのは昨季いわきFCに加入した古川大悟。

「ほぼ毎日筋トレやって、最初は筋肉痛もとれなかったし、もちろん筋肉がついた分、体重も重くなった。でも運動量が落ちることはなかったんです。むしろコンディションがよくなって走れるようになった。筋肉つけると重くなって……とそれまで僕も思ってましたが、覆されました」

 チーム在籍4年目の日高大も入団時を苦笑しながら振り返った。

「入ってすぐ鍛錬期だったんですけど、それはきつくて……。そのタイミングでプロテインとかサプリも摂るようになったので、体重も筋肉量もすぐに目標値に達しました。骨格筋量を1年で1キロくらい増やすという目標だったんですけど、あっという間に」

【次ページ】 身体の変化を可視化し、モチベーションを高める

1 2 3 4 NEXT

ページトップ