Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[米国からの告白]アントニオ・ニエベス「井上に敗れて得た自信」

posted2022/06/18 07:05

 
[米国からの告白]アントニオ・ニエベス「井上に敗れて得た自信」<Number Web> photograph by Getty Images

1987年5月25日、米国生まれ。アマチュアを経て2011年プロデビュー。'16年6月にWBO北米バンタム級王座獲得。同年秋に姉を殺人事件で失った。163cm。25戦20勝(11KO)3敗2分

text by

杉浦大介

杉浦大介Daisuke Sugiura

PROFILE

photograph by

Getty Images

米デビュー戦の相手となったのは異色の銀行員ボクサー。井上の異次元の強さは彼のキャリアにも大きな影響を及ぼした。

 今ではアメリカのファンの間でも名が通った井上だが、まだ無名の“YouTubeセンセーション”だった頃、初の渡米戦の相手を務めたのがアントニオ・ニエベス(アメリカ)だった。

 2017年9月9日、当時スタブハブ・センター(現ディグニティ・ヘルス・スポーツ・パーク)と呼ばれていたカリフォルニア州カーソンの屋外会場で、WBO世界スーパーフライ級王座を保持していた井上と相対した。すでにバンタム級で実績を積んでいたニエベスは、対戦オファーを受け取った際のことを「井上は連続KOを続けていましたが、1つ下の階級でのこと。私の方がサイズでは勝っていて、彼のパワーがどれだけのものか試してやろうと思っていた」と5年前の記憶を紐解いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1098文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

アントニオ・ニエベス
井上尚弥

ボクシングの前後の記事

ページトップ