Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ノンフィクション]怪物と最も拳を交えた男

posted2022/06/17 07:02

 
[ノンフィクション]怪物と最も拳を交えた男<Number Web> photograph by Masakazu Yoshiba

1986年7月17日、東京都生まれ。高1でボクシングを始め、2005年5月にプロデビュー。'11年に日本ライトフライ級、'17年に同フライ級王座を獲得して2階級制覇。2度の世界挑戦はいずれも判定負け。この6月に引退を表明。167㎝。42戦30勝(16KO)9敗3分け

text by

森合正範

森合正範Masanori Moriai

PROFILE

photograph by

Masakazu Yoshiba

誰もが恐れるモンスターにも望んで立ち向かった。プロテストの相手役に始まり、試合以上のリスクを伴う150ラウンド以上のスパーリング。井上尚弥の成長を誰よりも近くで感じ、自らも世界の頂を目指した貴重な時間は、彼の人生に何をもたらしたのか。

 うだるような暑さで汗を拭ってもすぐに滴り落ちてくる。2012年7月初旬。日本ライトフライ級王者の黒田雅之は川崎新田ジムで練習をしていると、会長の新田渉世から呼び止められた。

「決まったからよろしく」

 アマチュア7冠を獲得した井上尚弥の公開プロテストの相手だという。井上の注目度を高めるため、大橋ジム会長の大橋秀行が発案し、打診を受けた新田は受諾した。

 その3カ月前、黒田は井上と既に拳を交えていた。井上は父真吾、母美穂とともに川崎新田ジムにやってきた。高校を卒業したばかりの19歳と4ラウンドのスパーリング。左利きかと思うほど左フックが強く、左ボディーが巧い。綺麗な動きの中に力強さがあった。その日から何度か拳を交わし、井上の実力は肌身で分かっていた。

 7月10日、東京・後楽園ホール。観衆1300人が見守る中、セミファイナルの前に異例となる公開プロテストが行われた。

 ゴングが鳴る。様子を見る黒田。すると井上の鋭い左ジャブが伸びてきた。素早いコンビネーション。右のストレートは重い。スピードとパワー、いずれもプロ入り前の若者の方が上回っている。25歳の日本チャンピオンは終始圧倒された。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4271文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

黒田雅之
井上尚弥
新田渉世

ボクシングの前後の記事

ページトップ