Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[俺の尚弥論(3) ディフェンス]内山高志「被弾を避ける3つの壁」

posted2022/06/17 07:05

 
[俺の尚弥論(3) ディフェンス]内山高志「被弾を避ける3つの壁」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

1979年11月10日、長崎県生まれ。'05年にプロデビュー。'10年1月、WBAスーパーフェザー級王者となり、'16年4月まで11連続防衛。'12年には日本人史上初のWBA年間KO賞受賞。'17年7月に現役引退。現在は解説者やジムの経営者として活動する。27戦24勝(20KO)2敗1分

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

ダウンを知らないモンスター。敵がなぜ倒せないのか、そこには確たる理由がある。現役時代、数々のKOシーンを演出し、卓越したディフェンス技術にも定評のあった“ノックアウト・ダイナマイト”が、井上尚弥が備える“3つの壁”を解き明かす。

 ノニト・ドネアをわずか2ラウンドで返り討ちにし、これでプロ23戦のうち20戦でKO勝ちとなった。井上尚弥の圧倒的な攻撃力に注目が集まるのは自然なことだろう。

 一方で、アマチュア時代の81戦を加えてなおダウン経験はゼロ。実は、卓越した防御技術の持ち主でもあるのだ。

 元WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志は言う。

「顔が腫れたのを見たことがないし、目の上を切ったのもドネアとの1戦目ぐらい。相手はパンチが当たらないとなると頭から突っ込んできて、バッティングが起きたりもする。それすらさせないところが井上のすごさですよね」

 内山によれば「ディフェンスはボクシングの中でいちばん大事」。倒されないための防御術を理解するには、幾重もの“壁”をイメージするとよいという。

 第一の“壁”となるのが距離感。より具体的にいえば、自分が最も戦いやすい距離を保つ能力である。

「打ってきた瞬間に半歩、すっと体を引く。相手からすれば、ずっと遠い感覚のままになります。いろんなボクサーの試合を見ていて『もっと手を出せよ』って思うことがありますけど、『いま打っても当たらない』という感覚に囚われるとパンチが出ないもの。相手にそう思わせられるのが、強い選手なんです。そもそも井上の場合はパンチ力がありますから、簡単には入っていけない。自分の間合いを保てる選手はクリンチも少ないですね。井上がまさにそうです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1813文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

内山高志
井上尚弥
ノニト・ドネア
比嘉大吾

ボクシングの前後の記事

ページトップ