Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[俺の尚弥論(2) カウンター]川島郭志「何手も先を読み通す目に見えない力」

posted2022/06/17 07:06

 
[俺の尚弥論(2) カウンター]川島郭志「何手も先を読み通す目に見えない力」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

1970年3月27日、徳島県生まれ。インターハイ優勝を経て'88年にプロデビュー。'94年WBC世界ジュニアバンタム級王座獲得。'97年に7度目の防衛戦でペニャロサに判定負けを喫し、現役を引退。引退後は都内でジムを経営、後進育成にあたる。24戦20勝(14KO)3敗1分

text by

赤坂英一

赤坂英一Eiichi Akasaka

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

将棋の如く先を読み、相手の微細なクセを捉え、精緻な距離とタイミングで放つ。華麗な防御で“アンタッチャブル”と賞された元王者が説く井上のカウンターは、高度なディフェンス技術と表裏をなす、肉体と心理のアートと言えるものだった。

 川島郭志は1994年、WBC世界ジュニアバンタム級王者ホセ・ルイス・ブエノをカウンターの左フックでダウンさせ、12回判定で初のベルトを勝ち取った。その川島はいま、井上尚弥が勝負どころで放つカウンターをこのように表現している。

「井上は自分の中にカウンターのタイミングを持ってるんですよ。相手のパンチが、あっ、来た!っていう瞬間に、自分のパンチを合わせられる咄嗟の判断力、その間合いに踏み込める勇気。そういう生まれ持った資質に加えて、ふだんの練習で相手に合わせる訓練を積んでいる。だから反射的に強いカウンターを打てるわけです」

 井上にはもうひとつ、防御のテクニックで一時代を築き、「アンタッチャブル」と呼ばれた川島だからこそ指摘できる“隠れた特長”がある。「実は井上も基本的にはディフェンスのボクサー」というのだ。

「見た目は攻撃的なスタイルに隠れてますけど、非常にディフェンスのしっかりしたファイターです。実際、前回のドネア戦で右目の上をカットしたぐらいで、あれだけ傷のない顔をしてるんですから。自分の間合いと立ち位置をよく知っていて、パンチをもらわない位置に移動する勘のよさが素晴らしい。そこからまた、自分がパンチを打てる位置へ飛び込む速さと勇気もある」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2028文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

川島郭志
井上尚弥
河野公平
エマヌエル・ロドリゲス
ジェイソン・マロニー

ボクシングの前後の記事

ページトップ