Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[敗者が残したメッセージ]ノニト・ドネア「悪夢のような敗北の後に」

posted2022/06/16 07:01

 
[敗者が残したメッセージ]ノニト・ドネア「悪夢のような敗北の後に」<Number Web> photograph by Naoki Fukuda

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Naoki Fukuda

リベンジを期して臨んだ王座統一戦でまさかの264秒KO負け。かつて無類の強さを誇った5階級王者は、あまりに残酷な敗北をどう受け止め、いかなる思いを胸に、愛する日本を後にしたのか。

 センセーショナルなノックアウトの余韻がアリーナを覆っているなか、失意の敗者は勝者を称えたあと、観客に向けて一礼し、静かにリングを降りようとしていた。

 気がつけば大歓声に混じり「ドネア!」と叫ぶ声が一人、また一人と増えていく。花道を引き返す敗者の背中に、いつのまにか大きな拍手とドネア・コールが浴びせられた。偉大なボクサーは日本を愛し、日本のファンも彼を愛していた。

 試合はわずか4分24秒で終わった。かつてラスベガスのリングを沸かせた39歳が容易に受け入れることのできない惨敗だ。試合後も取材に応じた第1戦とは異なり、この日、記者会見は開かれなかった。

 ドネアは2年7カ月ぶりに拳を交えたライバルから何を感じ取ったのか。井上の、そして自らの成長をどう受け止めたのか。それはこの2試合を見届けた者として、どうしても知りたいことだった。本人に取材を申し入れると、3日後に短いながらもコメントを寄せてくれた。

「いかんせん試合時間が短すぎた。井上が強くなっていたかどうかは分からない。彼の力を知る前に試合が終わってしまった。ただ、彼が素晴らしい選手なのは間違いない。戦えて光栄に思う」

 試合直後のドネアはとても記者会見ができるような状態ではなかった。肩を落とし、涙を流し、居合わせたメンバーも言葉を失った。沈黙を破ったのは、ほんの少し前に自らを打ちのめした勝者だった。井上が記者会見を終えて真っ直ぐにドネアの控室を訪れたのだ。3本のベルトをまとめ上げた王者は同行するスタッフを扉の外で待たせ、一人で部屋に入り、宿敵に握手を求めた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1380文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ノニト・ドネア
井上尚弥

ボクシングの前後の記事

ページトップ