Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[俺の佐々木朗希論 二]鳥谷敬「確信の3年計画」

posted2022/06/03 07:04

 
[俺の佐々木朗希論 二]鳥谷敬「確信の3年計画」<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

試合前にダッシュする鳥谷(左)とプロ1年目の佐々木朗希

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

ホップ、ステップの確かな足取りに、大ジャンプを予見していた。20歳下の怪物。夢膨らむその未来図は。

 昨シーズン限りで現役生活を終えた鳥谷敬は、自身のキャリアの最後の2年間を過ごしたロッテで怪物伝説の胎動期を目にしている。2020年、再起をかけた新天地で、ドラフト1位ルーキーとして注目を浴びていたのが佐々木朗希だった。

「開幕前の練習で佐々木投手がシートバッティングに登板したときに、後ろを守っていたんです。150km台のボールを投げてバッターにホームランされたんですが、その直後、ギアが替わった。パッと力を入れて162、3kmを涼しい顔で投げて抑えていました。そもそも高卒1年目である程度力をセーブしながら投げているピッチャーは稀ですし、そこからギアを上げて投げる、ということをできるのが凄い。ちょっとレベルが違うな、と感じました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1534文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

鳥谷敬
佐々木朗希
千葉ロッテマリーンズ
藤浪晋太郎
吉井理人
山本昌

プロ野球の前後の記事

ページトップ