Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[18歳の女房役の証言]松川虎生「今季のベストボールと悔いの残る一球」

posted2022/06/02 07:04

 
[18歳の女房役の証言]松川虎生「今季のベストボールと悔いの残る一球」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

高卒ルーキーらしからぬ落ち着きに、巧みなグラブさばきと配球の妙。今季、佐々木朗希の全投球を受け止める18歳はプロ入りわずか7試合目での偉業をどのように捉えているのか。怪腕を導くリードの心得を、記憶に残る一球とともに語る。

 4月3日、マリーンズの松川虎生は、初めて千葉のお立ち台に上がった。

「1年目の松川虎生です。一戦一戦、本当に大事になってくると思うので、チームのために一瞬一瞬をすごく大切にして、頑張っていきたいと思います」

 その直後のことだ。松川にお立ち台での気分を改めて訊ねたら、初々しい(はずの)18歳はじつによどみなくこう答えた。

「何を喋ろうかなと考えていたら、すごく緊張しました。今も、すごく嬉しい気持ちでいっぱいです」

 いやいや、とても緊張してるようには見えなかったけど、本当に緊張していたんですか、と混ぜ返してみた。すると初々しい(はずの)彼はこう続ける。

「ハイ、緊張してました……たぶん(笑)」

 だから思わずこう訊いてしまった。

「えっと、プロ何年目でしたっけ」

 すると高卒ルーキーの(はずの)松川は苦笑いしながら「1年目っス、まだ2カ月くらいっス」と律儀に答えてくれた。

「ナイターだったりデーゲームだったり、毎日、試合があるところが高校生のときとは違います。日々、ユニフォームを着て野球に打ち込めていると野球が仕事なんだなって実感が湧きますし、それが僕にとって糧になってるかなと感じてます」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2848文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松川虎生
千葉ロッテマリーンズ
佐々木朗希
市立和歌山高校
吉田正尚

プロ野球の前後の記事

ページトップ