Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[独占インタビュー]ハンジ・フリック(ドイツ代表監督)「日本に勝って自信を掴み取る」

posted2022/05/08 07:02

 
[独占インタビュー]ハンジ・フリック(ドイツ代表監督)「日本に勝って自信を掴み取る」<Number Web> photograph by KYODO

text by

アレクシス・メヌーゲ

アレクシス・メヌーゲAlexis Menuge

PROFILE

photograph by

KYODO

初戦で立ちはだかるのは欧州最多の優勝4回を誇る超大国。色褪せたかつての王者を蘇らせた“タイトルコレクター”に、日本選手やグループ分け、目指すべきサッカーについて聞いた。

 再び強いドイツが帰ってきた。

 ヨアヒム・レーブ監督のもとで2014年W杯を制したものの、'18年W杯はメキシコと韓国に敗れてグループステージ敗退という屈辱を味わった。ベスト8以上に進めなかったのは戦後初だった。

 ユーロ2020でも不用意なミスが目立ち、決勝トーナメント1回戦でイングランドに完敗。15年間に渡るレーブ政権の勤続疲労は明らかだった。だが昨年8月、ハンジ・フリックが新監督に就くと、淀んだ空気は瞬く間に吹き飛ばされた。

 フリックは'06年からレーブの右腕としてドイツ代表のコーチを務め、'14年W杯優勝に貢献。'19-'20シーズンの途中にバイエルン・ミュンヘンの監督に就任すると、ブンデスリーガ・ドイツ杯・チャンピオンズリーグの3冠を達成した。攻撃的なサッカーを志向しつつ、激しい守備にも力を入れる。レーブがスタイルに執着する「ロマンチスト」なのに対し、フリックは結果にこだわる「リアリスト」だ。

 ノイアーやキミッヒら「バイエルン・ブロック」を生かしつつ、若手抜擢によって新たな競争が生まれ、新体制になってからまだ1度も負けていない。ドイツきっての「タイトルコレクター」はカタールW杯にどう臨むのか。フリックとコーチ陣が大会に向けた準備でハンブルクのホテルに滞在した際、話を聞いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2198文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ハンジ・フリック
バイエルン
ダビド・ラウム
ティロ・ケーラー
ジャマル・ムシアラ
ニコ・シュロッターベック
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ