酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

《大打者番付を作ってみた》昭和の横綱は王貞治、平成・令和だとイチロー… では落合博満や坂本勇人、山田哲人らは?―2021-22 BEST5

posted2022/05/02 11:01

 
《大打者番付を作ってみた》昭和の横綱は王貞治、平成・令和だとイチロー… では落合博満や坂本勇人、山田哲人らは?―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by Sports Graphic Number/Kou Hiroo

打者の“東西横綱”はやはり、王貞治とイチロー。ではそれ以外の大打者の面々は?

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number/Kou Hiroo

2021年から2022年(対象:12月~4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。野球部門の第2位は、こちら!(初公開日 2022年1月12日/肩書などはすべて当時)。

 2022年が明け、令和も4年となった。昭和が終わって33年、プロ野球の歴史も86年になっているが、ここでは「昭和vs平成・令和」で、通算成績による番付を作ってみたい。

 まずは打者。平成元年は1989年だが、1985年以降にデビューの選手を「平成・令和」、それ以前を「昭和」と分けて、番付にした。

 根拠としたのはRC(Run Create)。安打、長打、盗塁、盗塁死、四死球、三振、犠打、犠飛などを加味した総合指標だ。打率が高いだけでなく、長打や盗塁が多く、出塁率が高い選手が得点が高い。

 成績は「日米通算」とした。NPBとMLBでは競技のレベルも環境も異なるので、単純な比較は軽々にすべきでないと承知の上で――平成以降の選手の通算成績を考えるときはMLBの成績を外すことはできない。選手が積み上げてきた成績を評価するために、あえて「日米通算」としている。

 なお、日米通算はNPBでのデビューから起算とした。MLBでプレーした後NPB球団に入った選手のMLB時代の成績は含まない。またアルフォンソ・ソリアーノは広島でデビューし、MLBに渡り日米通算で2097安打したが、このうち2095安打がMLBという数字のため、この番付には入れなかった。東は昭和、西は平成・令和と分けている。

横綱・王を筆頭に強打者がズラリ

 東の横綱は言わずと知れた王貞治。868本塁打はアンタッチャブルだ。大関はこれもアンタッチャブルな3085安打を打った張本勲。「喝!」でおなじみだった「日曜朝の顔」を昨年限りで退いた。関脇は2020年2月に亡くなった偉大な捕手、野村克也。監督としても南海、ヤクルト、阪神、楽天で采配を振るった。小結には3度の三冠王に輝く落合博満。中日監督として黄金期を築いた。

 前頭は40歳で二冠王、MVPに輝いた門田博光を筆頭に、ミスターカープ山本浩二、世界の盗塁王・福本豊、そしてプロ野球を「ナショナルパスタイム」にした史上最高のスター長嶋茂雄、連続試合出場記録を樹立した「鉄人」衣笠祥雄。山内一弘は野村克也が台頭するまで、プロ野球最強打者として君臨。シュート打ちの名人だった。

 昭和の幕内では、土井正博を除く全員が野球殿堂入り。近鉄、西武で2452安打、465本塁打を記録した土井正博がなぜ殿堂入りしていないのかは、殿堂入り表彰の時期になると話題に上っている。

 西は日米で活躍した大選手が上位に並ぶ。

【次ページ】 イチロー・松井に続くのは誰だ?

1 2 3 NEXT
王貞治
イチロー
落合博満
坂本勇人
張本勲
野村克也
門田博光
山本浩二
福本豊
長嶋茂雄
衣笠祥雄
山内一弘
土井正博
松井秀喜
金本知憲
清原和博
福留孝介
松井稼頭央
青木宣親
大杉勝男
加藤英司
大島康徳
若松勉
有藤道世
江藤慎一
掛布雅之
田淵幸一
原辰徳
藤村富美男
松中信彦
中村剛也
松田宣浩
アレックス・ラミレス
内川聖一
糸井嘉男
中島宏之
レロン・リー
丸佳浩
浅村栄斗
山田哲人
柳田悠岐
秋山翔吾
筒香嘉智

プロ野球の前後の記事

ページトップ