All in the Next ChapterBACK NUMBER

入社希望は500件!? 斎藤佑樹が明かす “代表取締役” 1年目の心境と、日本ハム新ユニフォームの感想「レプリカ買おうかな」―2021-22 BEST5

posted2022/05/02 06:00

 
入社希望は500件!? 斎藤佑樹が明かす “代表取締役” 1年目の心境と、日本ハム新ユニフォームの感想「レプリカ買おうかな」―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by Taichi Chiba

充実した新生活を過ごす斎藤佑樹さん。新シーズンに向けて古巣の仲間たちへエールを送った

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Taichi Chiba

2021年から2022年(対象:12月~4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。野球部門の第5位は、こちら!(初公開日 2022年2月18日/肩書などはすべて当時)。
昨季限りで現役引退した斎藤佑樹さん。昨年12月には「株式会社斎藤佑樹」を設立し、新しい道を歩み始めている。現在の心境や古巣への思い、そして将来に掲げる大きな夢を明かした(聞き手:田中大貴)。

――例年だと、今はキャンプの真っ最中ですね。違和感はないですか?

斎藤 何でしょう……選手だったという感覚と何か新しい世界に踏み出した実感、それが混ざっている気持ちというか、自分でもよくわからない心境です(笑)。「辞めたら野球が恋しくなるよ」と言われていたのですが、今はすごく充実しているので、まだ野球を実戦でやりたいとまでは思っていないですね。

――引退してから、少し表情が穏やかになった印象を受けます。

斎藤 本当ですか? 今までは結果を出さないといけないと思っていましたし、休んでいてもどこかで「勝負しないといけない」という気持ちが強かった。もしかしたら、そういった気持ちの変化が表情に表れているのかもしれません。

「富士山に登ろうかと計画しています」

――引退したアスリートの方々とよく話すのは「スポーツで得た感動体験が大きすぎて、それに代わるような刺激がなかなか見つからない」ということ。現役時代は当たり前にあった目標やターゲットをどこに置くか、そこに葛藤する人が多いようです。

斎藤 その気持ちは理解できます。実は僕もずっと達成感を得られる経験を、どこかで意識的に作らないといけないと思っていたんです。なので、今年の8月に富士山に登ろうかと計画しています(笑)。

――それは素晴らしいですね。私もまだ登ったことがないので一緒に行きましょう!

斎藤 ぜひお願いします! 自分自身ではここまで夢中で頑張ってきた人生だと思っているので、頑張らなくなったら自分が怠慢だなと思ってしまうだろうな、と。日々忙しくしていないと不安になるんです。今は頭に浮かんだ新しいアイデアをどう形にしていくかの作業が楽しいので、このモチベーションが保てるよう、目標設定は大事にしていきたいです。

――その形にしていく作業は一人ではできないことですよね。組織づくり、チームの大切さは、野球を通して触れてきたと思います。

斎藤 まさに自分一人では何もできません。経営者やリーダーの方々の本を読んでも、自分の不得意なことは、得意な人に任せている。いろいろな方たちと話し合いながら、自分でやるべきことは何なのかをしっかり見極めていきたいです。

【次ページ】 斎藤佑樹が大切にする「軸」とは?

1 2 3 4 NEXT
斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ