相撲春秋BACK NUMBER

「これでもアイドルだったのよっ」芸能界を引退し“男だけの”相撲界へ…元・高田みづえが32年間のおかみさん業を“卒業”するまで―2021-22 BEST5 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2022/05/10 17:00

「これでもアイドルだったのよっ」芸能界を引退し“男だけの”相撲界へ…元・高田みづえが32年間のおかみさん業を“卒業”するまで―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by KYODO

写真は1985年2月、婚約を発表した大関・若嶋津と歌手の高田みづえさん(紀尾井町のホテルニューオータニで)

「嫌なおばさんになっていたかもしれませんね(笑)」

 部屋を持って初めて、朝稽古で汗と泥にまみれる若者の姿を知った“新米おかみ”にとって、当時は「すごい! すごい!」とただただ感動の毎日だった。しかし、日々の団体生活のすべてが修業でもあり、早朝5時に、下駄を履いて相撲教習所に通う新弟子たち――。ひたすら勝ち越しを目指してコツコツと番付を上げてゆく男たちの、一番一番の重みや苦労を、日々知るようにもなってゆく。関取の地位から陥落した弟子の悲哀にも、その心を寄せていた。

「親方に叱られそうですが、『いつか関取を!』と夢を追い掛けていた時が、私は一番楽しかったのかもしれません。関取が誕生して、部屋としては活気が出て幸せなんだけれど……。たとえ関取になれなかったとしても、社会に出た時は、ひとりの人間として男として生きられるようになってほしいと思っています。多感な男の子たちと生活して、いきいきとした気持ちでいられる。夢をもらっていますね。私、振り返ると、15歳で上京して歌手になり、何もわかっていなかったんでしょうね。それに結婚した当初は大関の奥さんということで、きっとちやほやされていた面もあったんだと思います。親方と結婚して、子どもができて、部屋を持たせてもらえて――お相撲さんたちと生活させてもらえなければ、どこか勘違いしたまま、一生気がつかなかったんじゃないかな。嫌なおばさんになっていたかもしれませんね(笑)。今、部屋にまつわる人たち皆さんに恵まれています。自分が歌手の仕事をしている時、こんなに人のありがたさを感じたことがなかったのかも――今、幸せです」

「親方は自分では言わないけど…」

 親方の兄弟子に当たる元力士の命日には、「目立たないよう早朝に墓参りに訪れ、人知れず墓を磨き上げるみづえさんの姿を見た」とのエピソードも耳にした。後輩にあたる新米のおかみに、「声が小さいわよ。2階に聞こえるくらいに『お疲れさんでございます!』と言ってごらん。はい、もっと大きくね!」などとその場を盛り上げ、頼もしくも明るい先輩おかみぶりを見せることもあったと聞く。

 九州男児で口下手な親方に代わり、時には弟子との間のスピーカー役も果たした。

 ある日のこと。相撲の基本である股割りがなかなかできない新弟子が落ち込んでいるのを知った。現役時代にはなんなくできた親方も、久しぶりにやってみると股割りができず、毎日、無理して挑み、腿が内出血して青タンを作りながらも再びできるようになったのだという。苦労の末に、やっと股割りができるようになった新弟子を言葉少なに褒める親方のそばで、「余計なことかもしれないけれど、ちょっと言わせて」とみづえさんは口を開いた。

【次ページ】 「親方は自分では言わないけど…」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
高田みづえ
若嶋津
二所ノ関部屋
稀勢の里

相撲の前後の記事

ページトップ