Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

ワリエワ騒動で話題 …“鬼コーチ”エテリ「泣き出す生徒は数え切れない」それでも全国から生徒が集まるのはなぜ?〈ロシア強豪クラブを潜入取材〉―2021-22 BEST5

posted2022/05/04 06:00

 
ワリエワ騒動で話題 …“鬼コーチ”エテリ「泣き出す生徒は数え切れない」それでも全国から生徒が集まるのはなぜ?〈ロシア強豪クラブを潜入取材〉―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by Getty Images

メドベデワ、ザギトワなどロシアの強豪選手たちを育ててきたエテリ・トゥトベリーゼ。拠点となる強豪クラブ「サンボ70」とはどんな施設なのか?

text by

栗田智

栗田智Satoshi Kurita

PROFILE

photograph by

Getty Images

2021年から2022年(対象:12月~4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。フィギュアスケート部門の第5位は、こちら!(初公開日 2022年2月19日/肩書などはすべて当時)。
北京五輪で最も注目を集めたのが、フィギュアスケートのカミラ・ワリエワ選手(ROC)によるドーピング疑惑である。15歳という年齢から周囲の大人たちへも世間から厳しい目が向けられているが、彼女らが拠点とする“サンボ70 フルスタリヌ”とはどのような施設なのか? 現地ジャーナリストが取材した「Sports Graphic Number」掲載記事を特別に公開する<全2回の1回目/#2に続く>。

〈初出:2018年2月1日発売号「[ロシア虎の穴潜入レポート]メドベデワ&ザギトワ『天才少女の作り方』」/肩書などはすべて当時〉

女王メドベデワと新星ザギトワ。圧倒的演技で平昌五輪の金を争う2人がともに拠点とするのが、ロシアの虎の穴「サンボ70 フルスタリヌィ」だ。現地潜入取材と、コーチやスタッフの証言をもとに、次々と天才少女が生まれる強さの秘密に迫った。

◆◆◆

メデベデワ、ザギトワを輩出した「サンボ70」とは

 世界選手権2連覇中の女王エフゲニア・メドベデワ。そして、今季シニア1年目にして一気に頭角を現した新星アリーナ・ザギトワ。平昌五輪でメダル最有力候補とされる2人の天才少女がともに所属するのが、モスクワにある「サンボ70」と呼ばれるトップアスリート養成学校だ。

「サンボ70」という一風変わった名前は、サンボ世界選手権金メダリスト、ダビド・ルドマンが1970年に創立したことにちなむ。現在はサンボだけでなく新体操、水泳、陸上など22種目もの競技において国の援助のもと育成が推し進められている。

 その一部門としてあるのが「フルスタリヌィ(ロシア語でクリスタル)」と呼ばれるフィギュアスケート専用施設だ。五輪へ向けた選手育成を目的として2003年に設立され、当初は「第37青少年スポーツ学校」という名称だったが、'13年にサンボ70傘下に統合された。メドベデワもザギトワもここから徒歩5分ほどの自宅に住み、週6日で練習に通っている。

 世界トップレベルの選手を次々と輩出するフルスタリヌィとは、いったいどんな施設なのか。そこでは、どのような育成がなされているのだろうか。

2008年にエテリが専属コーチに就任

 フルスタリヌィが本格的に始動したのは今から10年前の'08年のことだ。現在コーチを務めるエテリ・トゥトベリーゼの招聘がひとつの契機となった。練習場所が十分に確保できなくなったことによる移籍だったが、このとき8歳のメドベデワもコーチの後を追って移ってきている。

【次ページ】 ザギトワも上京「エテリ先生のところでもっと上を目指したい」

1 2 3 NEXT
サンボ70
エフゲニア・メドベデワ
アリーナ・ザギトワ
エテリ・トゥトベリーゼ
エドゥアルド・アクショーノフ
ユリア・リプニツカヤ
セルゲイ・ドゥダコフ
ダニイル・グレイヘンガウス
カミラ・ワリエワ
平昌五輪
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ