甲子園の風BACK NUMBER

「♪Yo! say 夏が」なぜセンバツでT.M.Revolution? 近江高・山田陽翔の打席で流れた『HOT LIMIT』…西川貴教から「目指せ、決勝! 頑張れ、近江高校!」―2021-22 BEST5

posted2022/04/30 11:01

 
「♪Yo! say 夏が」なぜセンバツでT.M.Revolution? 近江高・山田陽翔の打席で流れた『HOT LIMIT』…西川貴教から「目指せ、決勝! 頑張れ、近江高校!」―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by JIJI PRESS

近江・山田の打席で流れたT.M.Revolution『HOT LIMIT』。その裏側で…(写真は東京五輪・聖火リレー時のもの)

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

2021年から2022年(対象:12月~4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。センバツ部門の第2位は、こちら!(初公開日 2023年3月30日/肩書などはすべて当時)。

 いよいよ大詰めとなった第94回選抜高校野球大会。3年ぶりに吹奏楽の応援も復活し、アルプススタンドからはさまざまな応援曲が選手たちを音楽の力で後押ししている。

 準決勝の第1試合、浦和学院対近江。浦和学院の応援席からは、陽気なメロディでアルプスをカーニバルさながらに彩る『浦学サンバ』が。近江アルプスからは、ファレル・ウィリアムスの『Happy』や、ランナーが2塁に出塁した際のチャンステーマとして使う、ピットブルの『Fireball』などの洋楽をテンポよく演奏し、聴きごたえのある応援合戦が繰り広げられている。

山田の打席でまさかのT.M.Revolution…!

 近江の応援は4年前にリニューアル。高校野球ファンの間では、洋楽7曲を演奏する新しいスタイルがすっかり定着した。

 ……と思いきや、突然流れてきたのは西川貴教の『HOT LIMIT』。プロ注目の最速148キロ右腕、エース山田陽翔(はると)投手が打席に立った時のことだった。

「洋楽でまとめていたところに、なぜT.M.Revolution…!?」と頭の中が混乱しつつも、

「♪Yo! say 夏が 胸を刺激する ナマ足 魅惑の マーメイド~」

 と、サビの歌詞が脳内を瞬時にリフレインする。

 滋賀県出身の西川は、2008年に初代「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、大型野外フェスティバル「イナズマロック フェス」を主催し、毎年滋賀県で開催している。滋賀から日本を元気にする活動にも積極的に取り組み、令和二年度には滋賀県文化功労賞を受賞するなど、近年、滋賀愛あふれるアーティストとしても話題だ。

【次ページ】 西川貴教と近江吹奏楽部はTwitterで…

1 2 NEXT
近江高校
京都国際高校
T.M.Revolution
西川貴教

高校野球の前後の記事

ページトップ