“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

衝撃の「22-0」青森山田はなぜ強い? 黒田監督が語る「松木に意見を言える選手がたくさんいる」―2021-22 BEST5

posted2022/05/05 11:01

 
衝撃の「22-0」青森山田はなぜ強い? 黒田監督が語る「松木に意見を言える選手がたくさんいる」―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by JFA/AFLO

夏のインターハイ、プレミアリーグも制した青森山田。選手権で「高校3冠」を達成できるか

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

JFA/AFLO

2021年から2022年(対象:12月~4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。サッカー部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年12月28日/肩書などはすべて当時)。

 近年の青森山田高校の強さは半端じゃない。

 こと選手権において、初のベスト4入りを果たしたのが第79回大会(2000年度)。初の決勝進出はMF柴崎岳(レガネス)を擁した第88回大会(09年度)。そこから第94回大会(15年度)以降に至ってはベスト4が1回、準優勝が2回、優勝が2回という圧倒的な戦績を誇っている。初優勝は第95回大会(16年度)なのだから、頂点を知ってからわずか5年しか経っていないのだ。

 さらにユース年代において、優勝することが最も難しいと言われる「高円宮杯プレミアリーグEAST」においても無類の強さを発揮し、先日、3度目の王者に輝いた(今年度は日本一を決めるファイナルは中止)。今季は夏のインターハイも制しているだけに、第100回大会という節目の選手権で「高校3冠」を狙える状況だ。

 今や全国の高体連チームだけではなく、Jクラブユースまで全てが「打倒・青森山田」を掲げているが、対戦相手は青森山田を実際にどう見ているのか。4人のJリーグ内定選手を擁して選手権切符を勝ち取った静岡学園は、夏のインターハイ準決勝で0-4と完敗を喫した。

対戦相手も唸る青森山田の強さ

「青森山田を倒さないと日本一はない。夏のインターハイで差をこれでもかというほど思い知らされた。それ以降、我々はあの青森山田戦の強度を忘れずにやっている。プレスも早いし、強いし、守備も堅い。でも青森山田はそれだけじゃないんです。攻撃にスイッチが入ると、次から次へと選手が的確なポジションに上がってきて、強度の高いカウンターがあるし、当然ボールを繋ぎながら崩すこともできる。『強い』という言葉がぴったりのチームです」(川口修監督)

 では、年を追うごとに厳しくなる包囲網に対し、青森山田はどのような思いでサッカーに取り組んでいるのか。就任27年目を迎える、黒田剛監督に話を聞いた。

【次ページ】 「どんな相手にも100%やり切る」

1 2 3 4 NEXT
青森山田高校
黒田剛
松木玖生

高校サッカーの前後の記事

ページトップ