オリンピックPRESSBACK NUMBER

高梨沙羅が語る“同級生”小林陵侑「天才。私と真逆だと思います」LINEで祝福、涙のハグ…“25歳同い年ジャンパー”の美しい関係性―2021-22 BEST5

posted2022/05/03 11:00

 
高梨沙羅が語る“同級生”小林陵侑「天才。私と真逆だと思います」LINEで祝福、涙のハグ…“25歳同い年ジャンパー”の美しい関係性―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by JIJI PRESS

2021年10月、UHB杯で優勝を飾って笑顔を見せた小林陵侑と高梨沙羅。ともに日本を引っ張るジャンパーとしてリスペクトしあっている

text by

長谷部良太

長谷部良太Ryota Hasebe

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

2021年から2022年(対象:12月~4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。北京五輪部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年2月16日/肩書などはすべて当時)。

 北京五輪のノーマルヒルで金、ラージヒルでは銀メダルに輝いた小林陵侑。個人2種目ともにメダルを取ったのは、世界に誇る日本のエースだけだった。完成度の高い技術と、どんなジャンプ台の癖もすぐにつかんでしまう才能がかみ合い、日本ジャンプ界としても1998年長野五輪以来、24年ぶりの金メダルとなった。

 ジャンプ競技の最終日となった2月14日。本場欧州のワールドカップ(W杯)でもめったにない気温マイナス22度近くという極寒の中、小林は団体戦の最終4番手として孤軍奮闘した。それでも、チームはメダル争いができず5位に。競技後、しばらくして取材エリアに来た小林は、普段通りのクールさを保ったまま団体の出来を振り返った。

悔しさが残る団体と、会心だった個人ノーマルヒル1本目

「チームとしてはすごく悔しい結果になってしまったので、みんなそれぞれ悔しいと思っていますし、それはいいことかなと思います。(自分のジャンプは)1本目は少しタイミングが遅れてしまって、2本目はすごくいい感じで飛べたと思います」

 小林は1本目で134メートルまで伸ばし、各国のエース級がそろう4番手の中で2位の高得点だった。それでも踏み切るタイミングが遅れていたというのだから、恐ろしいほどの地力の高さだ。132.5メートルを飛んだ2本目は、4番手の中でトップの得点だった。

 北京五輪で思い出に残ったジャンプは、何か。小林は「う~ん……」と少し考えた後、ノーマルヒルの金メダルを大きく引き寄せた飛躍を挙げた。

「やっぱり個人戦の1本目。ビッグジャンプでテレマークも決まったので、すごくうれしかったです」

 4年前の平昌五輪は力をほぼ出し切りながら、ノーマルヒルは7位、ラージヒルは10位だった。あれから4年。急成長を遂げた小林は、選手の誰もが憧れる伝統のジャンプ週間で2度も総合優勝を果たし、2018~19年にはW杯総合王者に輝いた。今季もW杯最多7勝を挙げて乗り込んだ五輪の舞台で、その実力を存分に示した。

小林は高梨を慰め、肩を優しく引き寄せた

 小林にとっては、壮大な夢に一歩近づく大舞台だったと言えるかもしれない。

【次ページ】 高梨がLINEでお祝いすると、陵侑からうれしそうなスタンプが

1 2 3 NEXT
小林陵侑
高梨沙羅
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ