Number ExBACK NUMBER

“茶髪にグラサンで区間賞”箱根駅伝の異端児・徳本一善が経験した大炎上「批判が半端なくて、非国民みたいになりました」―2021-22 BEST5

posted2022/04/29 17:00

 
“茶髪にグラサンで区間賞”箱根駅伝の異端児・徳本一善が経験した大炎上「批判が半端なくて、非国民みたいになりました」―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by Mutsumi Tabuchi

駿河台大監督の徳本一善。21年前の箱根駅伝では、茶髪にサングラス姿で区間賞を獲得し一躍時の人となった

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph by

Mutsumi Tabuchi

2021年から2022年(対象:12月~4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。箱根駅伝部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年1月1日/肩書などはすべて当時)。
創部10年目で初めて箱根駅伝の出場権を獲得した駿河台大学。このチームを率いるのは、20年前の箱根駅伝を茶髪にサングラス姿で駆け抜けた徳本一善だ。かつて箱根駅伝を騒がせた異端児はいかにして箱根路に戻ってきたのか(全2回の1回目/後編へ続く)。

 ドンドンドン。何やら音が響いてきた。時計の針は午前2時を回ろうとしている。

「うっさいな。なんの音だ、これ」

 駿河台大駅伝部の監督を務める徳本一善は部員たちと同じ寮に住み、一人部屋ながら二段ベッドの下は荷物置き、上を寝床にしていた。天井が近いから上階の音はよく聞こえる。

 耳をすませてみると何やら人の動く気配がする。まだ誰か起きてんだな。消灯時間はとっくに過ぎてるはずなのに。眉をひそめた徳本はむくっと体を起こし、二段ベッドから降りると、自室を出て階段を上がっていった。そして上階の部屋の前に立つと、がちゃんと思い切りドアを開けた。

 中にいたのは4年生の部員たちだった。突然の監督の登場に恐れおののいた表情の中から徳本はキャプテンの阪本大貴の姿を見つけて声を荒げた。

「お前! 何考えてんだ、このやろう!!」

 徳本ははじめから阪本はキャプテン向きの選手ではないと考えていた。1年の頃からずっと怒られてばかりで、むしろ問題児と言えるような存在だったからだ。しっかり者で気配りができ、3年生の頃から主将を任せられた前任者の石山大輝とは真逆の性格。その阪本が新キャプテンを決める段になって、意外にも自ら立候補してきた。

「お前なんかにやらせられるか。どれだけチームにむちゃくちゃしてきたと思っとるんだ」と一度は突き放したものの、本人は「反省してます。僕に任せてほしい」と自信たっぷりだった。その舌の根も乾かないうちに……。

 本来、駿河台大駅伝部の寮の消灯時間は午後10時に設定されている。この日は阪本のたっての願いで午前0時まで延長していた。そこに至るまでにはこんなやり取りがあった。

規則を破ったキャプテンに「お前はいま何分だっけ?」

「部員同士で交流もしたいし、1回背伸びしたいので門限を無くしてください」

「なんで? 昼間に遊べばいいじゃん。どうして睡眠を削ってまで親睦を深める必要があるの? 俺にはわからん」

「お願いします」

「お前が(10000m)28分台の選手だったら俺は今すぐいいよって言うよ。それが俺とお前らの約束だ。お前はいま何分だっけ?」

【次ページ】 箱根の異端児が“約束破り”に激怒する理由

1 2 3 4 NEXT
徳本一善
阪本大貴
石山大輝
駿河台大学

陸上の前後の記事

ページトップ