競馬PRESSBACK NUMBER

“有馬記念で3年連続3着”ナイスネイチャ33歳がふるさとで過ごす幸せな余生「馬なのに“人間っぽくて大好き”と言われます」―2021-22 BEST3

posted2022/05/01 11:00

 
“有馬記念で3年連続3着”ナイスネイチャ33歳がふるさとで過ごす幸せな余生「馬なのに“人間っぽくて大好き”と言われます」―2021-22 BEST3<Number Web> photograph by Daisuke Asauchi

今も多くのファンに愛されるナイスネイチャ。33歳を祝う「バースデードネーション」で3500万円を超える寄付が集まったことも話題を呼んだ

text by

曹宇鉉

曹宇鉉Uhyon Cho

PROFILE

photograph by

Daisuke Asauchi

2021年から2022年(対象:12月~4月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。競馬部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年12月25日/肩書などはすべて当時)。

「私たちの牧場にとって、すごく大きな存在です。宝物というか、感謝というか、どう表現したらいいのか……」

 渡辺はるみさんは、「とても簡単には言い表せない」といった口ぶりでナイスネイチャへの思いを語った。1991年から1993年にかけて、有馬記念で3年連続3着という記録を残した稀代の“ブロンズコレクター”は、33歳の今も健在。生まれ故郷の渡辺牧場で穏やかな毎日を過ごしている。

5年連続で有馬記念に出走した現役時代

 渡辺さんが北海道浦河町の渡辺牧場で働き始めたのは、後にナイスネイチャと命名される仔馬が生まれた約3カ月後のことだった。1988年に同牧場で生産された牡馬は4頭。うち1頭は脚元が弱く、ナイスネイチャは残りの3頭のなかでボス格として振る舞っていたという。

「お母さんのウラカワミユキがボス的な存在だったので、その影響もあるんだと思います。でも、育成牧場では他の子にいじめられていたみたい。内弁慶というか、井の中の蛙だったんでしょうね(笑)」

 1990年12月、京都競馬場でデビューしたナイスネイチャは、2戦目のダート戦で初勝利をあげる。年明け後は6着、3着、2着と足踏みをしたが、夏の小倉で行われた条件戦からGⅢ小倉記念、GⅡ京都新聞杯を含む怒涛の4連勝。同世代の二冠馬・トウカイテイオーが骨折で戦線を離脱するなか、“夏の上がり馬”の筆頭格として2番人気でGⅠ菊花賞を迎えた。

 牧場での勤務歴が浅かった渡辺さんは、「ポンポンと連勝して重賞まで勝ってしまうことのすごさを、たぶん私はそこまで理解していませんでした。レースのたびに興奮や感動、希望があって、いつも前向きな気持ちでしたね。夫(牧場長の渡辺一馬さん)はずっと生産をやってきたので、また違う感じ方をしていたと思いますが」と当時の心境を振り返る。

 菊花賞はレオダーバンの4着、続く鳴尾記念を快勝して2番人気で臨んだ有馬記念はダイユウサクの3着と、GⅠのタイトルにはわずかに届かなかった。それでも渡辺さんにすれば、自分たちの牧場の生産馬がGⅠに出走して、無事に帰ってくるだけでも嬉しかった。ナイスネイチャの活躍は、365日休みなく続く仕事のモチベーションにもなったという。

【次ページ】 3500万円の寄付を集める“広報部長”に

1 2 3 4 NEXT
ナイスネイチャ
ウラカワミユキ
引退馬協会
渡辺牧場

競馬の前後の記事

ページトップ