海外サッカーPRESSBACK NUMBER

「将来は男性として生きていきたい」元なでしこ横山久美(28歳)が明かす新婚生活と、スタジアムでのサプライズプロポーズ ―2021-22 BEST5 

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2022/05/11 17:00

「将来は男性として生きていきたい」元なでしこ横山久美(28歳)が明かす新婚生活と、スタジアムでのサプライズプロポーズ ―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by Getty Images

リーグ優勝を決め、なみさん(右)をピッチに迎えた横山久美

 結婚してからまだ日は浅く、「まだ実感はない」。ただ、一人暮らし時代とは異なり、パートナーのなみさんがアスリートである横山の体を気遣い、食事の管理をしてくれる。

「本当にありがたいですね。アメリカにいるときは日本のようにマッサージしてくれる方もいないので、彼女がやってくれることもあって。でも、甘えすぎちゃいけないとも思ってます。頼るところは頼って、頼られるところは頼られて、とお互い支え合いながら。今はその割合がうまくいっているような気がしますね」

 実は、結婚するまでは「そろそろ、サッカー選手を引退してもいいかな」と考えていたのだという。それを踏み止まらせてくれたのは、彼女の言葉や存在だった。

「年齢も年齢ですし、結婚する以上は相手や、相手の家族に対して責任を持たないといけない。彼女からも『まだ(サッカーを)やってほしい』と言われているので、もう少し頑張りたいなと。なにより、自分自身がサッカーをしている姿を彼女に見せたいので。今季、チームが優勝しましたが、まずはその時に間近で見せることができたのはよかったなと思います」

バイデン大統領も称賛したカミングアウト

 将来は男性として生きていきたい――。

 前述の通り、横山は永里優李の公式YouTubeで心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることを公表した。このカミングアウトには、アメリカのバイデン大統領もツイッターで称賛するなど、大きな話題となった。

 幼い頃から自分は女の子だという感覚がなかった。中学生の頃から「自分はちょっと違うな」と女性の体へ違和感を覚え、トランスジェンダーという存在を知ると、自分もそうなのだと納得するようになった。女性としての未来は描けなかった。

 友人たちの数人は横山がトランスジェンダーであることを知っていたが、「絶対に公にはできないと思っていたし、日本にいるときは絶対にカミングアウトはしない」と決めていたという。

 そんな横山がカミングアウトを考えるようになったのは、ドイツやアメリカなど海外で生活を始めるようになってからだ。

【次ページ】 「みんな堂々としているなと感じます」

BACK 1 2 3 NEXT
横山久美
ワシントン・スピリット
永里優季

海外サッカーの前後の記事

ページトップ