競馬PRESSBACK NUMBER

JRA初の女性騎手・細江純子が告白する“現役生活5年間”の苦悩「ウワサ話が怖くて…」「相談しただけで恋愛関係だと誤解された」―2021-22 BEST5 

text by

音部美穂

音部美穂Miho Otobe

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2022/05/11 11:01

JRA初の女性騎手・細江純子が告白する“現役生活5年間”の苦悩「ウワサ話が怖くて…」「相談しただけで恋愛関係だと誤解された」―2021-22 BEST5<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

JRA初の女性ジョッキーとして活動した当時を振り返った細江純子

5年の現役生活「心身ともにボロボロでしたね」

 もがけばもがくほど空回りし、蟻地獄を落ちるかのように深みにはまっていく――。そのストレスは次第に、目に見える形で肉体にも影響を及ぼした。もともと太らない体質だったという細江だが、過食によって太ってしまったというのだ。

「食べていないと不安を抑えられず、気づけば何かしら口にしてしまって……。また、生理が止まった時期もあったのですが、そんなことどうでもいいと思っていました。心も身体も、すべてがぐちゃぐちゃだったと思います」

 その後、所属していた厩舎を離れ、心機一転。シンガポールで騎乗する機会を得て、日本の女性騎手として初の海外勝利をあげるも、ケガの影響もあり、2001年に引退。わずか5年の現役生活にピリオドを打った。通算成績は493戦14勝。この時のことを振り返り、細江は「心身ともにボロボロでしたね」とつぶやいた。

「高校3年間をかけてようやく競馬学校に入学し、3年にわたる訓練を積んでデビューして……と、競馬はいわば青春をささげた相手なんです。これだけ時間を費やしても上手くいかなかったということなので、そこには忸怩たる思いがありました。だから、すぐには気持ちを切り替えられなかった。引退した直後は、競馬が嫌いになってしまい、中継を見ることすらつらかったです。きっと失恋と一緒ですよね。あんなに愛していたのに別れたら憎くて仕方がない、みたいな感じで(笑)」

細江を救った、武豊の一言

 競馬学校に入る前に戻って、人生をやり直したい――。そう考えていた細江が競馬評論家の道を歩むことになったのは、敬愛する武豊の言葉があったからだ。

「豊さんに『せっかく競馬の世界に入ったのだから、競馬を伝える仕事をしてみたら?』と勧められたんです。聞けば、豊さんは奥さんの佐野量子さんに『純ちゃんはあなたに憧れてジョッキーになったんだから、最後まで面倒みないとだめよ』とまで言われていたのだとか(笑)。

 本当は、競馬から離れて自分をリセットするために海外留学をするつもりだったんですが、豊さんご夫妻のおかげで、今の私があります」《#2に続く》

#1から読むJRA初の女性騎手・細江純子が告白する“現役生活5年間”の苦悩「ウワサ話が怖くて…」「相談しただけで恋愛関係だと誤解された」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
細江純子
武豊
田村真来
牧原由貴子
福永祐一
和田竜二

競馬の前後の記事

ページトップ