Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ICHIROを語ろう]フリオ・ロドリゲス「毎朝のキャッチボール学習」

posted2022/04/15 07:01

 
[ICHIROを語ろう]フリオ・ロドリゲス「毎朝のキャッチボール学習」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

2000年12月29日、ドミニカ共和国生まれ。'17年にマリナーズと契約しマイナーで経験を積む外野手。東京五輪では打率.417の活躍で銅メダル獲得に貢献。MLB公式サイトの最新版有望株ランキングでは全体3位につけ、今季開幕ロースター入りも決定した。190cm、103kg

text by

ブラッド・レフトン

ブラッド・レフトンBrad Lefton

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 アリゾナ州ピオリアのキャンプ地で、外野陣の中に入ったイチローがキャッチボールをしている。20年ほど続くお馴染みの場面に、以前と異なる点がひとつあった。センター方向の深い位置へだんだんと下がり、投げる距離を決めているのが、イチローではないのだ。コーチを務めるイチローはその反対側、ファウルライン上から動かない。

 ではイチローのパートナーは? ドミニカ共和国出身のフリオ・ロドリゲス。メジャーデビュー前だが、今季屈指の有望株として期待されている21歳である。

 マイク・キャメロンやフランクリン・グティエレスら何人ものOB外野手がコーチとしてキャンプに参加するなか、現役選手と毎朝キャッチボールをするのはイチローだけ。ロドリゲスはイチローと組むようになった経緯をこう説明する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1064文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
フリオ・ロドリゲス
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ