Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[甲子園優勝校の宝物]智辯和歌山「“ちゃんとやってよ”が生んだ奇跡の走塁」

posted2022/04/14 07:00

 
[甲子園優勝校の宝物]智辯和歌山「“ちゃんとやってよ”が生んだ奇跡の走塁」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

'20年12月2日から3日間、イチローは智辯和歌山の野球部を指導した

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

このほうがよくない? その一言と共に提案された“幻のプレー”が全国制覇の1カ月前に実現していた。その教えを守り続けた部員たちの成長と継承の物語。

 昨夏の甲子園を制覇した智辯和歌山とイチローが紡いだ物語、まずは登場人物を覚えてほしい。智辯和歌山の選手は3人――どこまでも生真面目な主将、1番センターの宮坂厚希。チームきっての元気印、2番セカンド、左打ちの大仲勝海。9番ショート、俊足好打に堅守が加わる大西拓磨。この3人がそれぞれの役を完璧に演じたからこそ、あの“幻のプレー”は生まれた。

 2020年の冬に遡る。

 イチローを取り囲む智辯和歌山の選手たちは戸惑っていた。頷くもの、目が泳ぐもの、まったく表情が変わらないもの――。

「最初にこの話を聞いたときはちんぷんかんぷんで、頭の中がはてなマークだらけでした。でもよくよく説明を聞いて考えてみたら、ああ、なるほど、確かにそうだなと思って、すぐにチームとして練習してみようということになりました」(主将の宮坂)

「何を言っているのかはすぐにわかったんですけど、すんげえ考え方するんだなって、そんなことを思いつけるイチローさんのほうにビックリしました」(俊足の大西)

「イチローさんの話を聞いてすぐに理解できましたし、何をしなくちゃいけないのかもわかりました。ただ、僕の足だと練習でいくらやってみてもセーフにならないんで(笑)、足の速い宮坂や大西じゃないとムリだなと思いました」(元気印の大仲)

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6512文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

智弁和歌山高校
イチロー
宮坂厚希
大仲勝海
大西拓磨
中谷仁
小園健太
松川虎生
市立和歌山高校

高校野球の前後の記事

ページトップ