Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[イチロー指導校探訪(2)]千葉明徳「“変わる”怖さを乗り越えて」

posted2022/04/14 07:04

 
[イチロー指導校探訪(2)]千葉明徳「“変わる”怖さを乗り越えて」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

強豪校揃いの「戦国千葉」で鎬を削る千葉明徳。“夢の2日間”のその後を訊ねると、監督と選手の「県ベスト8」突破に向けた試行錯誤が見えてきた。

 千葉明徳は、夏の県大会で'19年から3年連続ベスト8入りを果たしている。強豪校の一歩手前に位置する“実力校”だ。

 同校のグラウンドにイチローが姿を見せたのは昨年11月28日。ネット裏に陣取り、國學院久我山との練習試合に視線を注いだ。

 秋季東京都大会の優勝校を相手に、千葉明徳は終盤に点差を広げられ、敗戦。監督の岡野賢太郎は、イチローのやや辛辣なコメントを記憶している。

「これじゃベスト8を越えられないよね」

 指摘されたのは、落ち着きのなさだ。選手たちが常に大きな声を出し、盛り立てるのが千葉明徳のチームカラーだが、それによる“わちゃわちゃ感”が問題とされた。

 そもそも、声出しを推し進めてきたのには理由がある。岡野監督は言う。

「うちの子たちは中学時代の実績もそれほどないですし、私が就任したころ('15年秋)は、公立校の受験に失敗して入ってくるような子も多くいて、強豪校に対して戦う前から負けているところがあった。声を出させることで『こっちがてっぺんを獲るんだ』という闘争心を植えつけたかったんです」

 声の力で勢いをつけ、敵を圧倒する。それはたしかに、千葉明徳を県ベスト8まで押し上げた要因の一つかもしれない。だが、むやみな声出しの限界を、イチローはすぐに見抜く。選手たちにこう話した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1560文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
千葉明徳高校
岡野賢太郎
作田凌太朗
青柳克哉

高校野球の前後の記事

ページトップ