Sports Graphic NumberBACK NUMBER

北澤豪が53歳を超えてもなお東京マラソンに挑み続ける理由。

posted2022/04/25 10:30

 
北澤豪が53歳を超えてもなお東京マラソンに挑み続ける理由。<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya / Yuto Miyata

©TOKYO MARATHON FOUNDATION

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph by

Hirofumi Kamaya / Yuto Miyata

まだ肌寒さの残る3月6日日曜日、東京の街を約19000人のランナーが駆け抜けた。一般ランナーの参加は約3年ぶりとなる東京マラソン2021。そのランナーの中に、子供たちの思いを受けて走る北澤豪の姿があった。

 去る3月6日、元サッカー日本代表の北澤豪は、自身にとって3年ぶり7度目の東京マラソンを走った。

 もちろん完走。タイムはネットで4時間20分35秒。53歳という年齢を考えれば「さすが」と手を叩きたくなる記録だが、レースから3日が過ぎても、本人は悔しそうに「うーん」と首を横に振った。

「いや、今回はね、自分の根性のなさにショックを受けているんですよ」

目標は4時間切り、勝負は30km過ぎから

 32kmまでが「あまりにも順調」だったからこそ、いけるかもしれない、勝負したほうがいいと判断してペースを上げた。ところが、急に足が動かなくなった。目標の「4時間切り」が遠のいたことを悟り、闘争心が小さくしぼんだ。

「本当の勝負はそこからじゃないですか。最後まで粘って、どんなに苦しくてもあきらめずに走り切る。マラソンの醍醐味って、その勝負に勝って自分自身の底力を知れることにあると思うんです。現役時代の自分も、そういう勝負に勝てることを売りにしてきましたからね」

 そう、“走ること”は現役時代の北澤の真骨頂だ。キャリア全盛期の1990年代、日本中にいた“小さいけれどよく走る選手”はほとんど漏れなく「北澤みたい」と例えられ、もちろん称賛された。つまり北澤は、「最後の最後まで誰よりも走るプレースタイル」で日本サッカー界にひとつの時代を作った。

「でもね、今回はそれをやらなかったんですよ。できなかった。目標を達成できないとわかって、不貞腐れて、あきらめたんです。最後の10kmは楽しさなんてなかった。完全にゼロ。だからもう、後悔しかない。今回は反省だらけの東京マラソンでしたね」

【次ページ】 「新しい自分に向き会える」感覚を味わえる

1 2 3 4 NEXT

ページトップ