競馬PRESSBACK NUMBER

個人資産7500万円以上“だけじゃない”…競走馬の馬主になる条件「お金持ちなのに、馬主になれないのはこんな人」――2021 BEST3

posted2022/01/07 06:00

 
個人資産7500万円以上“だけじゃない”…競走馬の馬主になる条件「お金持ちなのに、馬主になれないのはこんな人」――2021 BEST3<Number Web> photograph by AFLO、Photostud

(左)オジュウチョウサンのオーナーは一口馬主からスタート(右)ソダシなど多くのGIホースのオーナーである金子真人氏

text by

江面弘也

江面弘也Koya Ezura

PROFILE

photograph by

AFLO、Photostud

2021年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。競馬部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年10月22日/肩書などはすべて当時)。

 若い競馬ファンの間で「馬主になりたい」という人が増えているという。雑誌や競馬情報サイトなどでおこなわれているPOG(ペーパー・オーナー・ゲーム)の影響もあるのだろうか。POGとは、参加者がデビュー前の2歳馬をドラフト方式で指名し、期間内(概ねダービーが終わるまで)に稼いだ賞金をポイントに換算して順位を競う、仮想馬主ゲームである。POGにはある程度の知識が必要だが、人気ゲーム「ウマ娘 プリティダービー」で競馬を知った初心者でも、馬主に興味をもつ人もいると聞く。

 では、ほんとうの馬主になるにはどうすればいいのか。

宝くじで何億円当たっても馬主にはなれない

 答えは簡単だ。金持ちになればいい。ただし、少なくとも何千万円、場合によっては何億円もの金を自由に使えるぐらいの金持ちだ。

 JRAの個人馬主になるにはまず、過去2年の所得(年収ではない)が1700万円以上あり、それが継続的に見込めることが必要だ。宝くじで何億円当たっても馬主にはなれない。念のため。

 さらに、個人名義で7500万円以上の資産を持続して保有していないといけない。対象となるのは国内の不動産、預貯金、有価証券など。

過去には有名オーナーが馬主資格を剥奪されたことも

 だが、いくら金持ちでも、馬主になれない人もいる。「日本中央競馬会競馬施行規程」の第7条で馬主登録を認められていない人たちだ。まずは現役のJRA職員や厩舎関係者。これは当然だろう。

「禁錮以上の刑に処せられた者」も馬主になれない。かつて、だれもが知る名馬のオーナーが脱税で有罪となり、馬主資格を剥奪されたことがあった。

 罰金ですんだ軽犯罪でも馬主になれない人もいる。競馬法や競輪や競艇など公営ギャンブルの法律に抵触した人だ。1970年代にはクラシックに勝つ馬を購入しながら、過去にノミ行為(私設馬券屋を相手に賭ける行為)で罰金刑を受けたことがあって馬主になれなかった人もいた。多忙で馬券を買いに行けず、ついノミ屋に電話してしまったようだ。インターネット賭博や有料の予想会社などと関係のある人も馬主にはなれない。

 そして「平成3年国家公安委員会規則第4号第1条各号に掲げるものを行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者」も馬主になれない。簡単に書けば、いわゆる「暴対法」に抵触する人たちだ。バブル期に「地上げの帝王」などと呼ばれたグレーな馬主がいたことを思いだす。

【次ページ】 1000万円で落札→18億稼いだ馬も

1 2 3 NEXT
藤田晋
金子真人
長山尚義
オジュウチョウサン
ディープインパクト
テイエムオペラオー
ソダシ
アカイトリノムスメ

競馬の前後の記事

ページトップ