バレーボールPRESSBACK NUMBER

《V6結成》が“予定調和のスポーツ中継”を変えた? 1995年バレーW杯のウラ話「ジャニーさんが、誰がいいと思う?って」――2021 BEST3

posted2022/01/04 11:00

 
《V6結成》が“予定調和のスポーツ中継”を変えた? 1995年バレーW杯のウラ話「ジャニーさんが、誰がいいと思う?って」――2021 BEST3<Number Web> photograph by KYODO

1995年ワールドカップでアタックを決める中垣内祐一(前・男子代表監督)。大会サポーターにV6を起用することで、バレーボールへの関心を高めた

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

KYODO

2021年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。バレーボール部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年11月1日/肩書などはすべて当時)。

 11月1日、V6が26年の歴史にピリオドを打つ。

 メンバー6人はそれぞれが多彩で、演劇、ミュージカル、映画、料理、手話、司会業と幅広い分野で活躍し、愛されてきた。そんな彼らのデビューの場所は、1995年に開催された「バレーボールワールドカップ」だった。

 嵐、NEWS、Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、ジャニーズWESTまで、同大会ではジャニーズ事務所のアイドルがイメージキャラクターを務めてきたが、まさにその先駆者とも言うべき役割を果たしたのがV6だった。

 ジャニーズとバレーボールの歴史、そしてV6のスタートに大きく関わった人物がいる。当時、フジテレビスポーツ局のプロデューサーとしてワールドカップ中継を担当した松野博文氏(現・株式会社クオラス執行役員)だ。

「今までと同じ、どこかで見たようなことはやりたくなかった。どうせやるなら、面白いことをやろうよ、と常に思っていましたね」

命運を託された、F1ブームの立役者

 そもそもなぜ、バレーボールの大会でジャニーズのアイドルを起用するようになったのか。発端は、1993年のJリーグ開幕まで遡る。長髪でユニフォームもファッショナブルな選手に憧れてサッカー人気が高まる一方、かつて人気を博したバレーボールは低迷期を迎えていた。特に10、20代の若年層のバレーボール離れは顕著で、兼ねてからバレーボールワールドカップの中継を担っていたフジテレビは、閉塞感を打破する策を練っていた。

 そこで白羽の矢が立ったのが、F1のプロデューサーとして実績のあった松野氏だった。フリーアナウンサーに転向した古舘伊知郎氏を実況に採用し、「音速の貴公子」といった視聴者の興味をそそる比喩表現など、従来のスポーツ中継とは異なる演出で爆発的なF1ブームを巻き起こした手腕にバレーボール中継の命運が託された。

「F1はモナコやシャンパンというバブルの香りがプンプン。対してバレーボールは坊主頭にブルマーという体育会スポーツのイメージ。リサーチしても『東洋の魔女?』くらいしか反応がない。いかに若年層を取り込むか、と考えた時、ジャニーズを使うのはどうだろう、というアイディアが浮かんだんです」

 人気低迷に危機感を覚えていた日本バレーボール協会の全面協力のもと、ジャニーズ事務所に持ちかけた。

【次ページ】 テーブルに並べられたスナップ写真

1 2 3 4 NEXT
V6
坂本昌行
長野博
井ノ原快彦
三宅健
森田剛
岡田准一
松野博文
松平康隆
三宅正治
古舘伊知郎

バレーボールの前後の記事

ページトップ