スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

落合博満「努力とか大嫌いさ、あんなの」「1600万円しかもらってませんから」 ロッテ時代の強烈な《三冠王語録》の真意――2021 BEST5

posted2022/01/02 17:00

 
落合博満「努力とか大嫌いさ、あんなの」「1600万円しかもらってませんから」 ロッテ時代の強烈な《三冠王語録》の真意――2021 BEST5<Number Web> photograph by Kyodo News

1983年2月の落合博満。“練習嫌い”だったとはいえ、練習の質は群を抜いていたという

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by

Kyodo News

2021年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。プロ野球部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年11月8日)。
雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回はロッテ時代の落合博満にまつわる4つの言葉です。

<名言1>
野球選手というのは、成績とか、タイトルを幾つ取ったかで評価されるもんじゃない。お金で評価されるんです。
(落合博満/Number66号 1982年12月20日発売)

◇解説◇
 天才かつ異能のスラッガー、落合がNumberの初インタビューに応じたのは、約40年前の1982年のこと。高校・大学・社会人と紆余曲折ありながら、プロ4年目28歳で史上最年少での三冠王に輝いたタイミングだった。

「ぼくは初対面のヒトと話をするのは、すごく苦手なんだなあ。シーズン中も、試合前は顔見知りの記者さん以外とは話さないくらい。人見知りをするタチなんです」

「82年は1600万円しかもらってませんからね」

 落合には、当時から「豪放磊落」「あけっぴろげで人を食ったような発言を口にする」というパブリックイメージがあったという。ただ落合はこの取材において、野球に対しての独自の思考法を打ち明けてくれている。その1つの例が、年俸についてだ。聞き手がオフの契約更改について水を向けたところ……。

「82年は1600万円しかもらってませんからね。納得できる線までは大いに要求していきます」

 今も昔も、新聞などが報じる金額には「推定年俸」という但し書きがある。しかし落合は当時から、年収をハッキリと口にしていたのだ。

「いいじゃないですか。どうせ、みなさん、知ってることなんだから。推定なんて言う方が奇妙なんですよ」

 このように落合らしい“オレ流”語録が連続するわけだが――そこには「金額」というものがプロ野球選手としてのステイタス、という信念があったからこそだった。

「タイトルが1つ、2つあっても、もっと年俸の高い選手がいたら、そっちのほうが野球がうまいということになる」

【次ページ】 今年はヒットを打てるんだろうか、と本気で思う

1 2 3 NEXT
落合博満
ロッテオリオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ